イタリア生活事情~犬のオペ・当日~

前回記事からの続きです。

読んでない方はそちらから

お読みいただくとスムーズです(^-^)

 

*****2.避妊オペ当日*****

2016年2月2日

朝9時のアポイント。

日本人なので、当然5分前には到着。

すでに開院中にて先約のネコさん受診中。

ちょっと待つ。

 

ちなみに、前日は医師の指示通り

・21時以降は絶食・飲水も禁。

を守り、準備はバッチシです。

 

待合室にて、当然ながら何も知らず

いつも通り無邪気なイーラ。

Immagine1

 

9:05分頃。

入室を求められ、入室。

今日はオペ日なので

普段は交代で勤務の医師

お二人そろって。

プラス、研修中の

若い女の子もいる。

 

まず麻酔注射。

 

9;09

臀部のあたりに、これまた

ヒトのインスリン注射用くらいの

小さなシリンジにてチュッ、とやる。

イーラはいつも落ち着いており

採血時など針が刺さっても

ビクともしない為

獣医さんからもいつも褒められる。

飼い主、ちょっと誇らしい。

 

「10分くらいで効いてくるから、

またちょっと待合室で待っててね」

退室。

その間に来ていた

別のビーグル系ワンコの診察に入る。

 

イーラ観察。

2・3分もすると

だんだん目がとろーん、としてくる。

約5分後、すでにお座りも困難で

どすっと床にうつぶせになる。

約7分後。

寝息をかき始める。

名前を呼んだり、叩いてもほぼ反応なし。

その間に、普段嫌がってブラシをかけられない

口周りのブラッシングをちゃっかりする。

毛玉がたくさん取れて飼い主満足。

Immagine2

↑かなり麻酔が効いてきたころのイーラ。

 

約10分後、入室の声かけ。

イーラはすっかり夢の中。

獣医と抱え上げて診察台へ。

やはり向こうの方の体格に合わせてあるので

診察台が高い。

110cmくらいはあったのではなかろうか。

さぁ、いよいよオペである。

 

①静脈確保:

左前脚つけ根近く(ヒトで言うと上腕)に

静脈確保。

毛深い犬なので、一部毛をそってから。

ここにさらに、白色の麻酔薬を注入。

少しずつ様子をみつつ。

そしてその後つなぐらしい点滴が

そばにある。

…この点滴、おそらくブドウ糖ではないかと

推測するが、確認するのを忘れてしまった。

次回聞くとする。

 

② 気道確保・気管挿管:

えっ、人工呼吸犬もするの?と思ったら

医師によると

「これでさらに麻酔を送る」と。

酸素も送っていたかは謎。

これも次回聞いてみるとする。

 

挿管時、何度かむせるので

白い麻酔薬をまた少しずつ注入する。

 

挿管チューブの太さなども代えつつ

3回ほどやり直しの後、成功。

 

③ お任せして退室

9:32

「あとは約1時間後に来て」

との事で、医師にお任せして

私は退室。

ちょっと後ろ髪ひかれる思いも

ベテランさんなので

安心してお任せする。

 

確かに、ほんの10分強で

これらの手技を終えたのだから

鮮やかなものである。

 

退出後、ドアにはこんな張り紙が。

Immagine3

『ただ今、外科手術中です。

診療再開は、10時です。』

 

…9時半開始で10時終了は

あり得ない話だが

ここはイタリアなので

そこらへんの細かさは

求められていないのである。

イラストなどでかわいくしてある。

 

待ち中の飼い主、

朝ごはんがまだだったので

近所のBarで

典型的イタリアンな朝ご飯。

Immagine

クロワッサンとカプチーノ

…おやつだろ、おい。

というツッコミは当の昔に忘れました。

時々はよい、こんな朝食も。

 

はい、次回は~オペ終了後~編。です

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です