山上に秘められた宝石、ムライユ湖~エンガディン・お勧めハイキング~

ムオタス・ムラーユと言えば

こちらエンガディン地方でも

1,2を争う有名展望台。

 

この地方を一望できる

素晴らしい眺めを

見に来る方から、

大人気のハイキングコース、

・パノラマコース

・セガンティーニ小屋コース

の起点でもあるので

多くの方が

登ってきます。

 

でも、そんな中にも

“穴場”がある事を

ご存知でしたか?

 

展望台から

約300M登った先にある

山上にひっそりたたずむ湖

~ムライユ(ムラーユ)湖~。

 

DSCN8920

ムオタス・ムラーユ展望台からは

ゆるーい上り坂が

1時間強 続きます。

標高差がありながらも

それほど きつくない

コースだと私は思いますが

実際にここまで足を運ぶ人は

あまりいません。

 

やはり、限られた滞在の中

いらっしゃる方々は

パノラマコースや

セガンティーニ小屋など

メジャーなコースにまず

行くためでしょう。

 

なのでここは

標高が高い事に加え

人がまばらなので

本当に静か。

 

山と谷に阻まれ

下界からは

全く見えない点からも

その 澄んだ湖面を

目にしたときは 正に

“秘められた宝石”

を発見したような

気分にしてくれます。

 

お客様と登ったこの日も

サンモリッツエリアらしく

☀快晴☀

 

起点である ムオタス・ムラーユ展望台を 背景に。

起点である
ムオタス・ムラーユ展望台を
背景に。

 

歩き始めて

20分くらいの地点。

すでに結構上がっていますが

ゆるい登りなので

そんなにきつさを

感じる事はありません。

DSCN8909

絶景☆

サンモリッツと

点在する湖群…

エンガディンらしい景色を

一望しながらのハイキング。

DSCN8910

 

ふぅ、ちょっと一休み…

なかなか登ってきました。

まだかろうじて

展望台も見えております。

 

湖の標高は、2713M 。

しかしその手前で、

2750Mの丘を越えねば

なりません。

そこがちょっぴり

頑張りどころですが

そこを超えると

ほら、見えてきました♪

DSCN8913

 

何とも言えないブルー。

美しいです。

DSCN8921

風もなく

まるで鏡のように

残雪の残る山を

映し出します。

DSCN8927

こんなに標高が高い湖なのに

魚もちゃんといるんです。

生き物の生命力に感動。アルプス・リンドウ

コースにはもちろん

お花も満開。

アルプスに咲くこちら

リンドウの鮮やかな青は

湖に負けない美しさ。

本物の澄んだブルーは

どう頑張っても

写真で再現できません。

本物を是非

見に来て下さいね★

DSCN8932

登った後は

もちろん下り。

下りの途中から、

王道コース

・パノラマコース

・セガンティーニ小屋コース

に分岐していますので

1日をかけて

ゆっくりこのエリアを回るのも

良いでしょう。

******************

【ムオタス・ムラーユ展望台~ムラーユ湖】

起点&終点:ムオタス・ムラーユ展望台

最低標高:2,456m

最高標高:2,750m

標高差:294m

距離:約6,7㎞

所要時間:約2時間半

 

プライベート・ガイド

承っております。

お問い合わせ・お申し込みは

こちら、HPの

「お問い合わせフォーム」から

お気軽にどうぞ

→ 「Tiranoとベルニナ鉄道のページ」HP

 

Hiroco

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です