世界遺産鉄道ベルニナ線ガイド記録~ブドウ畑散策とルガーノ行きベルニナ特急バス~

真っ赤な車両が映えるなぁ イタリアなのにスイスのバスが停まる街ティラーノ
Autobus di Bernina Express sotto il monte Masiccio…International city Tirano
 
…地元なのに実は初めて実物を見たという、ティラーノ発ルガーノ行きベルニナ特急バス。ガイドのお客様をお見送りに。
 
今回のお客様、機転が利くぅ!と思ったのは、移動をこのバスにされた事。
この夏ミラノ~ティラーノ間の線路工事が行われている関係で代替バスになっている事は以前お知らせした通りですが、その影響で若干の混乱も起きている上に日本語での情報がほぼないので私のところにもたくさんのお問い合わせをいただきました。このお客様とのやり取りのきっかけも、その路線がどうなっているのですか…という質問からだったんですけど、特にあーだこーだなる前に、潔くミラノ~ティラーノ路線は諦め、ティラーノ~ルガーノ路線に切り替えたのです。ティラーノ~ルガーノ間バスは2時間強、そこからミラノなんて小一時間だし、所要時間だけ考えたらティラーノ~ミラノ間とほぼ変わりなく、途中で不安な中バス乗り換えするよりずっと効率がいい。そして氷河特急からベルニナ特急、最後にこのベルニナ特急バスとオール・コンプリートできるというおまけ付きでございます。
 
ま最も、このティラーノ~ルガーノ間バスは一日一本、ティラーノからは14:20発なのでティラーノかルガーノで一泊するくらい余裕のある行程でないと厳しい…というのはあります。
現役で少ない休みの中海外に来る方には難しい行程かも知れませんが、一案としてかなり使えると思いますのでご参考になれば幸いです。
↑出発前、ベルニナ特急バスの前でガイドご用命特典、非売品ベルニナ線ショッピングバッグを手に記念撮影。犬好きとの事で本日もアシスタント犬ブーボも同行。
 
 
 
歴史と山、そしてワインが好きという、ティラーノにピッタリすぎる興味関心をお持ちのお客様。
前日午後~夕方は旧市街と我が家のカンティーナご案内。
翌日午前中はアルプスの山の斜面に広がるブドウ畑を巡るハイキング。途中、街を見下ろすブドウ畑の真ん中で自家製ワイン、地元産鹿肉サラミ、チーズで休憩。これぞ地産地消なり🍷
Yさん、ティラーノにお越しいただきありがとうございました♡
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。