春の気配 着々

朝晩はまだ 零度近くまで冷え込むものの 自然は着実に春を感じ その準備を進めています。畑仕事の合間に ふと空を見上げて見つけたのは… 今年一番咲きの アーモンドのお花

桜の花みたいで とても可憐で綺麗。ソメイヨシノがないイタリアなので 今年はアーモンドの木の下でお花見しようかしら。

そして よくよく観察すると この たったひとつだけ先に咲いた花。西向きの枝の先端についているのです。

西と言えば 午後の一番暖かい日差しが当たる方角。一本の木の中でも 微妙な温度差を感じてるんだなぁ、と 命の不思議を感じました。

…そして 同じく 春の気配をしっかり謳歌しているのが 畑のウサギ達。午後になると 決まってこのように 寄り添いあってお昼寝。マイナス10度ほどにもなる真冬の夜を幾度も耐えてきたので なおさらゆるむのでしょう……けど… ゆるみすぎちゃうか?とツッコミたくなる このアゴのたるみ具合。特に 一番左の白い母さんウサギ。完全に枕として役立っております。

…そうか 年齢を重ねるとたるむのは ウサギも同じなのだ。。。

おまけに 4匹が無理矢理小屋に収まっている図では 真ん中の子が 明らかにキツそうなんだけど… 押されて変顔になってるし。それでも しばしこの体勢だったので 彼女らなりの心地よさがあるのでしょうね。

そんなこんなで 日々 感動と癒しをくれる畑とのおつきあい。これからだんだん 本格的に忙しくなります♪

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1127737450742035&set=a.156284847887305&type=3

早咲きのアーモンドの花と、昇り始めた満月近しの月。
 

くっつきすぎて…顔が(笑)
 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です