満月と教会とXmasプレゼピオ

カトリック国のイタリアでは クリスマスの時期 日本では滅多に見られない独特の飾りが街を彩ります。それが

プ レ ゼ ピ オ

(presepio)

クリスマスのメインテーマである “救世主・イエス・キリスト”の誕生の場面を表現した飾りで 通常 フィギュアを用いて立体的にジオラマ化されます。

 

イタリアにおけるクリスマスの飾りといえば サンタやツリーより むしろこれが主役であり 大体12月初めから年明け6日まで 街中に様々なプレゼピオがあふれます。

教会から家庭まで それぞれ趣向を凝らした個性あふれるプレゼピオがお目見えし 街はさながら青空ミュージアム☆

製作者のお人柄や信仰心を感じながら 犬とブラブラするのが とても楽しいのであります。

そして面白いのは やはり日本でもそうだと思うけど 毎年飾る所は年々グレードアップ。やらない所は一切やらない。

去年まで欠かさずやっていた窓際に今年見えないと 「あのおばあさんに何かあったのかしら」などと 知り合いでもないのに余計な心配したりして…

愛を伝えたキリストさん。

信仰者じゃなくても 隣の人を思いやる心を 思い出す時期にしたいですよね。

ケーキ食って終わりじゃなく。

☆画像・動画は わが町Tirano 旧市街にある教会広場にて。プレゼピオの説明してたら4分強と長くなりましたが おつきあいいただけましたら幸いです。いつものように愛犬イーラも共演♪
ちょうど満月の夜で、晴れた冬の夜空に輝く満月と 白い教会がとても映えていますね。

旧市街中心部にある、St.Martino(サンマルティーノ)教会。

プレゼピオ部分。マリアさま。

イエスの誕生を、庶民も動物も祝福…の図。

羊の胃袋?でしたっけ、で作られたバグパイプみたいなのを持っているおじさま。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1088021998046914&set=a.146854048830385&type=3

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です