今年も豊作Vendemmia(ブドウの収穫)☆

これ以上ないくらい、すっきりと晴れ渡った秋空の下。

無事に今年のブドウ収穫が終わりました。

 

親戚、友人有志が集まって

力を合わせての共同作業。

この時くらいしか会わなくても

なぜかあうんの呼吸で作業が進む。

 

時給がいくらとか

やってあげたからしてちょうだいとかの

計算は抜きで

それぞれが心から楽しんで

大地の恵みをいただく。

 

日本でも 地方によって「結(ゆい)」

などと呼ばれている

地域の人同士が互いに助け合う形が

ここにももちろんある。

 

きっと国を問わず

農業や漁業など

自然相手の仕事が残っているところには

まだ生きていることなのだろう。

 

いつしか人が都会に集まり、

耕し獲ることをやめ

恵みを手に入れる術が

お金だけになったことで

こんなにも お金第一主義に

世の中はなって行ったのかもしれない。

 

私も都市暮らしの頃は

お金さえあれば幸せなんじゃないかと

思っていたけれど

この田舎に来て

日々 土をいじり

茶色い大地から ジュエリーのように輝く

ブドウのつぶが生まれる奇跡を見ていると

本当に価値のあるものは何だろう、

本当の幸せって何だろう…と

感じざるを得ない。

 

土を耕すように

私の価値観を

根本からひっくり返してくれた

イタリア、千年のブドウ畑。

 

そこにあふれる笑顔と共に

この土を守るのだ

…と 秋空に向かって

心でつぶやくアラフォーハイジであった。

 

片手には もちろんワイングラス。

 

※1.ブドウの収穫Vendemmia(ヴェンデーミア)でのお楽しみは

収穫作業だけじゃなく

合間のお食事も♪

グルメ大国イタリアですから

いくら忙しくても

そこに手は抜きませんことよ。

 

※2.昨年に引き続き今年も

わざわざピエモンテから家族総出で来てくれた

Eriさんファミリー ありがとう☆

一年ぶりに会った一人息子のアル君は

少年から青年へ

イケメンハーフになってて

おばちゃんビックリ。

 

百姓を生業にすべく

農業専門校で学ぶ彼は

イタリア農業未来の星☆

これからが楽しみです♪

 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1044760809039700&set=a.146854048830385&type=3

 

仕事の合間のランチは、手早くおいしく、かつ力になるものを。

焼き立てあらびきソーセージと生ハム各種、野菜の酢漬け。

ソーセージは、プロのコックさんが焼いてくれました。さぁ、この中のどの方でしょう☆
 

生ハム祭り♪ こちらの生ハムはしょっぱすぎずかつ「生」でおいしい!日本にはなぜかない、こういった生ハム…
 

収穫したブドウを山盛り積んで。…よく見ると、座席にワンコ、荷台に人という(^^;
 

収穫のほんの一部。きれいな色ですね♪
 

一日働いて、夜の収穫祭☆
 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です