アラフォーハイジ お山に着いた…の巻

アラフォーハイジ お山に着いた…の巻

湿気のない空気。ホテルの部屋にほんのり香る 針葉樹の香り。朝食は パリッパリクロワッサンにハムとチーズ…そして朝 窓を開けると… 目の前に どど~ん と山が!

来たよ 還ってきましたよ アルプスに♪

夕べ スイスはチューリヒに降り立ち 一晩ではTirano まで帰れないので 途中の街 Chur(クール)でご一泊。

この街は なんと先史時代から人の住む痕跡がある スイス最古の街なのです。

さすがに竪穴式住居はないけれど 中世からの街並みが色濃く残る旧市街。いるだけで歴史を感じられるところが ヨーロッパの魅力ですね。

日本は 元々木造建築な上に 災害や戦争で なかなか古い建物が残りにくい環境ではあるが それにしても 昔の景観を簡単に壊してしまう傾向は あると思う。

古いから。

消防上の問題から…

どこに行っても似たような景色 全国チェーンのお店ばかりで 便利だけどつまらんな~ と よく思う。

街の景色は 住む人の 意識の表れ。

今の利便や利益だけでなく 未来に どんな景色を残したいか… そんな視点でしたいよね 街づくりって。



https://www.facebook.com/photo.php?fbid=931273257055123&set=a.156284847887305.1073741826.100005173711139&type=3

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です