地下鉄の座席でわかる治安の良しあし

ミラノの地下鉄の座席は…

冷たくて固い。

 

全くクッション性のない

強化プラスチック製だから。

なぜ こんなにくつろげない

温かみのない座席なのか?

それは 防犯上からの理由が

大きいと思います。

 

年々 治安の悪くなる

ミラノなどイタリア大都市では

「破壊行為」が習慣化しています。

 

壁への落書き

乗り物の座席シートを破る

備品を壊す…

 

イタリアの電車などに乗ったら

どこかしら 壊れていないところは

ありません。

 

日本のように

ふっかふかの布シートにしていたら

間違いなく

破られるにとどまらず

放火されるのも

時間の問題でしょう。

 

以前のことなので

よく覚えていませんが

ロンドンの地下鉄シートも

こんな 味気ない

冷たく硬いプラシートだった記憶があります。

 

それを考えると

いつもふかふかで

落書きや はがれどころか

シミひとつない

日本の電車のシートは

日本が どれだけ治安がいいか

そして 日本人が どれだけ

公共のものを大切にする文化を持っているか

よく象徴していると思います。

 

あなたも今度 旅行に行った時

地下鉄のシートを

観察してみてくださいね。

その国の治安レベルが

想像できると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です