”甘くない”最高に美味しいケーキ

”甘くない”最高に美味しいケーキ

今年もスイスでの

ガイド仕事が始まりまして

改めて

自然の美しさ、

雄大さに

感動する毎日です。

そんな中でも今日は

素敵な 現地の方との

出会いがあったので

ご紹介します。

その方は

私がよく

ガイドで使う

ハイキングコースにある

山小屋のオーナーである

おばさまです。

そこの山小屋は

おばさまの

手作りケーキ&タルトが

絶品で

知る人ぞ知る

「標高2,500mの名店」

今日もお客様と

手作りケーキを

いただきつつ

おばさまとも

顔見知りになったので

いろいろ

話していました。

ふと

お客様の質問から

「山小屋オープンの間は

ずっとこの山小屋に

住み込みなんですか?」

と、おばさまに聞いてみました。

毎日ケーキを手作りだし

当然 住み込みなんだろう、と

思ったのです。

ところが、意外な答えが。

「いいえ、通ってるのよ」

・・・・・えっ、

通ってるって…

なんと、ふもとの町から毎日、

リフトに乗って通ってらっしゃるというのです。

スキー場にあるような

チェアリフトで”ご通勤”も

すごいですが、

よくよく考えて下さい。

ここはスイス。

標高や 山のスケールが

日本とは

全然違います。

リフト降り場からこの山小屋までは

私達ハイカーが登ってくるような、山道です。

リフト降り場 標高 2,325m

山小屋 標高 2,540m

この標高は

日本アルプスの

多くの山の

山頂くらいの高さ。

そこを彼女は、

毎日 片道3㎞近くを

徒歩で往復だけでなく

その日の分のケーキ&タルト → 最低三種類

ランチ用食材 → パンや野菜、ソーセージなど

を、両手とリュックにしょって

通ってらっしゃるとのこと…

「ここは電気がないからね、住めないのよ。

ケーキは夜のうちと、あと早朝に焼いてるわ。

こんな生活をして、もう34年よ♪」

と、事もなげに話す彼女…

お金ですべてが解決する

都会にいると

どうしても

損得勘定に

走りがちです。

一方で

自然とは

見返りを求めず

その時そのときの

最大限で

ただひたすらに

与えてくれるもの。

そんな自然と

一緒に暮らしているから

でしょうか。

彼女の

スケールの大きさ

そして

地元愛と

素朴さ

おばさまのお年と

その日々の労力を思うと

決して甘くない

お仕事なのに

ふわふわと笑顔で

語れる

その強さ。

その全てに感動し

神々しささえ

感じてしまいました。

甘えのない彼女から

生み出される

適度に甘くて

美味しいケーキ。

味わいが増したことは

言うまでもありません。


マーモさん巡礼 Ciao Marmotte!

マーモさん巡礼 Ciao Marmotte!

mi hanno salutato sul Alp Languard.

スイスの野生動物と言えば、マーモット。

今日のハイキングガイドは、マーモットさんとの遭遇率が高いエリアへ。

期待通り、たくさん出会えました☆

立ち止まってくれてありがとう、マーモさん。

野生動物の気高い雰囲気には

いつも感動します。

マーモットはデブだけど

それは生態上必要な事なので

全然だらしなく見えない。

そしていざという時は

めっちゃ速い。


“お帰り”のある駅

“お帰り”のある駅

昨シーズン以来ぶりに戻ってきたサンモリッツの お世話になるホテルや駅の馴染みのスタッフさん達から 「お帰り♪」と言われました。

世界のセレブの避暑地 サンモリッツですが 働く地元の方は とても素朴でフレンドリー。

日本でも 田舎に行けば そんな感じだよ…と 時折言われもするのですが 個人的には なんか違うんだよな~。人懐っこさ加減が。

そして 一年見ない間に 切符売り場窓口がとても素敵に変身していました。

駅員さんの笑顔写真が 去年までの窓口。ガラスばりで銀行みたい。

今は 地元の木材をふんだんに使った 開放感溢れるスイスカントリースタイルになっております。


スイス氷河の融け具合、リアルレポート

私のHP,「Tiranoとベルニナ鉄道のページ」にて紹介しているMorteratsch(モルテラッチ)氷河。

ここは、レーティッシュ鉄道ベルニナ線の、見どころのひとつ。車窓から雄大な氷河と、地域最高峰であるPiz Bernina(ピッツ・ベルニーナ)が見られることで有名です。

 

HPでこの氷河を写真と共に紹介したのは、2011年の事。

あれから5年。

氷河の姿は、すっかり変わってしまいました。あまりの融け具合の速さに、毎年訪ねる度にびっくりです。

今日は、その融け具合が少しでも伝わるよう、現在の姿をご紹介したいと思います。

★HPの氷河紹介ページはこちら

→ http://tiranovaltellina.ciao.jp/Morteratsch

(別ウィンドウで開きます)

1.全体像

ghiacciaio

HPの全体像と比べてみて下さい。

中央にのびている氷河の舌(ぜつ)。HP上のものは、遠目からでも広く地表近くまでのびているのが確認できますが、現在はこんなに小さくなってしまいました。

舌の右上方にある岩肌は、双方の写真にあるのでそれと比べるのも良いでしょう。

また、この写真で舌左に露出している岩。これは、以前の画像には見えません。5年前までは、この岩も氷河で覆われていた、という事です。

 

「何年には氷河末端がここまでありました」の標識も、2015年時点ですでにその年の標識が。1970年くらいまでは、約20年ごとの標識でしたが、ここのところ毎年の後退速度が激しいので、すでに最新版を立てたのです。

HPで「自己責任で登ってもOK」と説明している氷河の山。そんなものは、とっくにありません。

かつての氷河の山部分は、今は完全に川。以前は、ハイキングコースのゴールから、そのまま氷河に触ったり登る事が出来ましたが、今は川に阻まれて遠目に眺めるのみです。

ghiacciaio2

↑2015年夏のモルテラッチ氷河。

無残の一言。

 

 

追い打ちをかけるように2015年の冬は降雪が少なく。普段であれば、氷河の上をスキーで滑れるコースがあるのですが、今年は少ない雪でクレバスがむき出しだった為、ついに一度もオープンできないまま、スキーシーズンを終えました。

氷河を覆う雪がないという事は、それだけさらに融けやすくなる、という事。

今年2016年。また戻って見るのが怖いくらいですね。本当に痛々しい。何万年もかけて築き上げられた自然の遺産。それがこんな100年足らずでこんなに融けるのは、やはり異常としか思えません。

DSCN0411

↑ハイキングコースゴール近くにある、石の塔。

融けないよう、祈りを込めて…

 

★HPの氷河紹介ページはこちら

→ http://tiranovaltellina.ciao.jp/Morteratsch

(別ウィンドウで開きます)

 

 

 

 

スイス乗り物紀行

スイス乗り物紀行

珍しく東京は雪の朝を迎えているようですね。寒さは続いているけれど、冬至から約1か月が過ぎ、日に日に日脚がのびるのが感じられ、春はやっぱりちゃんと来るんだなぁ、と思わされます。そこで今日は、一足先に春らしい写真と動画をプレゼント☆

スイスの初夏、6月はまだ春の終わりといった雰囲気。満開のお花畑の上をゆっくり昇っていくリフト。ピチピチと唄う小鳥たちのBGM。…爽やかな風だけが、お伝えできず残念です!…あとは実体験でどうぞ♪

動画はこちら →https://youtu.be/9JHTIdxjTyI

写真は、Piz Langardを背景に風に揺れるオキナグサ


スイスで見つけた可愛いもの♪ uccellino sulla slitta

スイスで見つけた可愛いもの♪ uccellino sulla slitta

レストランのメニュー表示ウィンドウにいた、ソリに乗る小鳥ちゃん♪

可愛いだけでなく、スイスらしい緻密な作り。よく見て下さい、白樺の木を削って、羽も木の皮そのまま。山形の笹野一刀彫もびっくりレベル☆

#Swiss #Pontresina


【森 Bosco】

【森 Bosco】

冬の、誰もいない森が大好きです。

…Camminando nel bosco in cui e’ conquistato dal bianco della neve e il nero dell’ombro dei alberi senza le foglie

雪の白と、葉の落ちた木々の黒いシルエットが支配する世界。しん…という音が聞こえるくらい静かで、自分の雪を踏みしめる音だけが響く。神聖で、一番、自然が私に近づいて来てくれる時間。ワンコと一緒だと、彼女が人間と自然の仲介役をしてくれるようで、ますます自然の声が聴こえやすくなります。人が自然と離れて生きる事は、人間らしさを失う事だと思う。

e’ cosi’ silenzioso che possa sentirsi il suono di “silenzio”, si sente solo il suono della neve schiacciata dal mio passo. Un momento in cui e’ sacro e la natura si avvicina a me. La mia cagna mi aiuta di comunicare con la natura. Vivere troppo lontano dalla natura significa perdere l’umanita,penso.


スイスにもようやく雪が降りました。Nevicato finalmente

スイスにもようやく雪が降りました。Nevicato finalmente

新年早々風邪をひいてしまいましたので、スイスに療養に来ました。…えっ、なぜわざわざより寒いスイスへっと思ったあなた、あ・ま・い・な(-_-) 極寒地の方が、室内はより暖かいんですよ♪

Ho preso raffreddore all’inizio dell’anno. Quindi sono venuta in svizzera in cui fa pi caldo interno di casa.

ようやく雪も積もり、スイスらしい風景になりました。マイ・ホテルの前では、ミニ雪祭り開催中☆

Finalmente nevicato e sembra proprio Swiss… #Swiss #Pontresina

#InstaMag @fotorus_official