イタリア 街並みの楽しみ方

イタリア 街並みの楽しみ方

築500年…日本なら戦国時代…(^^;! の建物が普通にゴロゴロあるイタリアでは 街を歩くだけで楽しいけれど ディテールに注目すると さらに面白みが増します。

例えば こちら「中世のドアノブ集」。それぞれの家が工夫を凝らし 威厳や縁起をかつぐデザインを作った当時がしのばれます。

…が 結構笑えるものも多く 当時と今の私達の 感覚の違いなんだろうなぁ~、と勉強になる。

個人的にはやはり この変がおワンコがピカイチですね☆

あなたは どれがお気に入り?(^-^)。

※写真は全て 我が町ティラーノと同じ県内にある Chiavenna (キアヴェンナ)にて。旧市街の保存状態が良く オススメです♪


アルプスの寄り道

アルプスの寄り道

今日もまた 世界遺産ベルニナ線にコトコト揺られながら イタリアの自宅へ。

その途中 今年まだ会えていなかった友人 イラリアとフランコのところへ寄り道をしました。彼らが経営する夏場限定のアグリツーリズモは 氷河を間近に一望できる絶景ポイント。そしてその氷河の融け水で出来た美しい湖のほとりで イラリアお手製の素朴かつ絶品料理を堪能できます☆

気になる場所はどこかって…? 実は 日本人観光客もよく降り立つ アルプ・グリュム駅の真下にあるんです。灯台下暗し。下り坂が多少きついので 私もなかなかお客様を連れて行く事は出来ないけれど 興味ある方は 是非立ち寄ってみて下さいね♪ イラリアの明るい笑顔がいつでも迎えてくれます(^-^)


ミツバチ電車がすごすぎて驚愕しました

ミツバチ電車がすごすぎて驚愕しました

Bellissimo “Grischa Biena uf da Schiena”…devi visitare…se vuoi sopravvivere!

昨日お知らせした ♪車両丸ごとミツバチの巣&ミツバチミュージアム♪

視察してまいりました。

そして そのクオリティの高さに驚いた…

☆ミツバチの生態を 子供が遊びながら学べる仕組み満載。

☆ミツバチの巣をガラス張りにして 観察しやすくする工夫。

☆展示がとてもカラフルかつ大きく見やすい。

☆内装デザインが秀悦。ミツバチの巣のシンボルである六角形に統一されて 正にミツバチワールド。

☆オーディオガイドも搭載。しかも三ヶ国語。アカデミックな内容は大人にも勉強になる。

主に子供を対象にしていると言う事ですが 子供だましな要素は全くなく これが一車両内だという事も忘れるほどでした。

これだけ揃って 入場料無料って…

それだけ スイスの方の 環境保護への意識レベルが高い、と言う事ですね。

本気で 見習わないと!

車内の様子 動画にも撮ってみましたので良かったらご覧下さい。

https://youtu.be/IOZcnld5xNQ


ミツバチ電車がやって来た♪

ミツバチ電車がやって来た♪

先日お伝えした “車両丸ごとミツバチの巣&ミツバチミュージアム”が ついに近くの駅にやってまいりました☆

25日まで 毎日夕方一般公開とのこと。今日はお仕事で行けないので とりあえず外から下見。やっぱりかわいい この車両♪端のドアには穴があり 快晴の今日は ミツバチもブンブン活発に”乗車・下車”を繰り返しておりました。明日張り切って見学に行ってまいります。明日の投稿をお楽しみに♪

見逃さない為にはメルマガ登録が便利です(^。^)

http://natr.fdrstml.info/entry/?mail_id=8


サンモリッツから日帰りで行けるイタリアの秘宝

サンモリッツから日帰りで行けるイタリアの秘宝

今日は 仕事でお世話になっているホテルのレセプションの子と スイス国境に近いイタリアの街 Chiavenna (キアヴェンナ)へ。あまり知られていない街なので 実は大した事なかろぅ…と内心思いつつ行ったら…… ごめんなさい!めっちゃ素敵でビビった。

当時のフレスコ画が色鮮やかに残る16世紀のお屋敷。

街の旧市街には 15世紀の建物が立ち並び。

街を囲む巨大な岩々の独特な形は 氷河期にまで遡るといふ…

スケールが大きすぎて めまいがしちゃいました。

日本では絶対に体験出来ない「国境沿い」という歴史。ふたつの国に翻弄されてきた地域は めちゃくちゃ面白いです。

サンモリッツからたった2時間で 世界遺産級の街並みへ。…にしても こんなすごいものでも”ありふれた”感覚のイタリア、おそるべし。


イタリア人のセンスが良すぎる件

イタリア人のセンスが良すぎる件

死にかけてた旧市街の広場。久々に通ったら それをよみがえらせる素敵なレストランが出来ていました。思わず入る。下見。試食。美味い。グラスワイン付き大盛り2コースランチ、ビールまで飲んで20ユーロ。約2,500円。お得である。

何より感嘆したのは 内装のセンスの良さ。長年空き家になっていた 築約500年のお屋敷を 古い造りはそのままに モダンに洗練された空間にリノベーション。特に 石造りの地下貯蔵庫をお洒落で軽いトーンにしたホール。その一角にあるガラス張りの広々としたワインセラーは ワインを理想的環境で保管出来るのみならず 素敵なインテリアとしての効果も♪必見です。こういうセンスに関しては やはりピカイチですね、イタリア人。

来年のツアーでは こういったお洒落な所も視察先に入れよう。日本も古民家再生が急がれるだけに 学べること多し。

来年開催予定の アルプスBIO視察ツアー。ご興味ある方は こちらメルマガに登録いただくと 情報を逃さず便利です。

http://natr.fdrstml.info/entry/?mail_id=8


親ガモの上に小ガモが…

親ガモの上に小ガモが…

可愛すぎる☆

親ガメの上に…ならぬ 親ガモの上にバージョンを サンモリッツ湖畔にて目撃。

キラキラしたブランドショップが立ち並び 一年中毛皮が売っているようなセレブの避暑地サンモリッツですが 同時にこんなのんびりした自然もあるのが魅力。

そして私をときめかせるのは カルティエでもアルマーニでもなく こんな自然の偶然に出会えた時☆ …あっ プレゼントは拒否しませんけどね( ̄▽ ̄)

動画でもどうぞ。少し遠いので拡大して観てね。

https://youtu.be/CYO5cLVNrvw


Tiranoはやっぱりよか!

Tiranoはやっぱりよか!

今日は HPを見てご連絡下さったファミリー様に 我が町Tirano をご案内しました。改めてこうしてみると Tirano の魅力を再発見。築400年以上の家が立ち並び 素敵なレストランでは美味しいスローフード・グルメ。それでいて 観光客でごった返す事もなく。

ツアーでは絶対に立ち寄れない 我が家の地下貯蔵庫に大興奮していただきました♪

ベルニナ線に乗る為だけに 素通りする方が大部分ですが 一泊する価値 かなりあります、Tirano 。

ワイナリーや 地元農家さん視察ツアーを 来年あたりで企画中です。ご興味ある方は メルマガでお知らせしますので ご登録下さい。

http://natr.fdrstml.info/entry/?mail_id=8


こんなスマホケース欲しい☆Lo voglio!

こんなスマホケース欲しい☆Lo voglio!

Coperture Smartphone veramente “Cool”! …opere di un mio amico giapponese. sono disponibili su Etsy.com.

この度、私がキャプテンを務めさせていただいております、世界最大ハンドメイド専門オンラインショップの東北チーム「Etsy TOHOKU,Japan(エッツィ東北)」に、新メンバーさんが加わりました

岩手在住の松沢さま。本格漆で手作りのスマホケースを販売してらっしゃいます。日本が誇る伝統工芸、漆をされているだけですごいですが、松沢さんはなんと、漆の液を抽出する木からご自分で栽培されているそうです☆ 素材から手作り。素晴らしすぎる。

各タイプのスマホに対応するケースは、主に金箔背景に和らしいデザインがモダンに配置されており、超カッコいい!こんなに高級感があってこのお値段でいいのでしょうか~。私も欲しい。

海外でブレイク間違いなしなのはもちろん、日本でも、こんなの持ってたらとっても個性的でお洒落ですよね♪ 松沢さんのショップはこちら。他にもたくさん商品ございます(^^)/ 手作りですので、なくなる前にお気に入りゲットしてください。

per dettaglio vai su questa pagina

https://www.etsy.com/jp/shop/japanjoboji?ref=l2-shopheader-name