「犯人」はこの人です😆

お待たせしました。

私がいない間に 別犬のようにツンツルテンになったイーラ…

その後 毛が再び生えてきて ようやく犬らしさを取り戻せました。

相変わらず 今までの面影はないけれど これはこれで可愛いぞ😍

モフモフ毛がなくなったら 意外と細面美人なことが判明しましたし。

そして今日は イーラをツンツルテンにした「犯人」 フランコとのツーショットが撮れたのでお送りします。

フランコは 今どきスイスでも珍しい 生粋の牧人。500から800頭もの羊と共に スイス中を移動して暮らす リアル・ペーター。

毎年春 それだけの羊の毛を刈るのだから 手つきも鮮やかなはずです、はい…

実際に あれだけモフモフのイーラを たった15分で刈り終えたそうな。

フランコと 奥さんイラリアが切り盛りするアグリツーリズモは ベルニナ線で有名なAlp Grüm(アルプ・グリュム)駅の真下 真珠のような美しい湖のほとりにあります。

静かな水面を眺めながら イラリアの極ウマ手料理をいただく 贅沢な時間。ランチ時に行けば フランコに会えるかも🐏

 

スイスのテレビでも取り上げられた フランコの カッコ良くも厳しい 牧羊の暮らし…

全てイタリア語ですが 今では本当に貴重な スイスの原風景。観るだけでも伝わると思います。

→ フランコ 真冬の牧羊インタビュー

(クリックすると リンクに飛びます)

二人が経営する アグリツーリズモからの眺め。氷河と氷河湖が いかにもスイス

…本来のイーラと 4月 カット直後のイーラ…衝撃だったな

今日 スイスのお山でご機嫌のイーラ♪

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です