イタリア生活事情~犬のオペ・術後~

前回からの続きです。

読んでいない方は2ページ前から

戻ってみていただけると

わかりやすいです(^^)

 

*****3.術後処置と観察*****

指示された1時間の待ち中に、

遅めの朝ごはんで空腹だったことと

スイーツ屋さんでおいしかったため、

でっかいクロワッサンを

二個も平らげてしまいました。

当然カプチーノ一杯じゃ

口の中が甘々なので、

〆にエスプレッソも一杯。

 

それでも合計5ユーロなり。

イタリアのBarはお手軽で好きです。

 

…さて、ほぼきっちり1時間。

 

10:35

クリニックに戻る。

すでに新患者とそれぞれの飼い主

三組が待合中。

 

いつもの通り、おしゃべりが始まる。

…「初めての人は知らぬ顔」の

日本と対照的なのが、

イタリアのこんな場面です。

黙っている方が不審者と思われるほど。

私はこっちの方が好きだなぁ。

 

3分ほどすると、ドアが開き

「どうぞ」

…そう言われるが早いか、

奥から耳をつんざくような

犬の悲鳴が聞こえてきた。

キャンキャンギャンギャン…!!!!!

 

初めてだ、こんな彼女の

声を聴いたのは。

意識を取り戻し、

状況が理解できずに

多くの犬がそうなるという。

「飼い主の匂いをかぐと落ち着くからね、

早めに戻ってもらったのよ」

と、ベテラン女医さんのウィンク。

かっこいい。

 

慌てて処置台にかけより

声をかけつつ抱きしめる。

「大丈夫だよ、いるからね。

もう終わったよ~」

(もちろんイタリア語です)

つとめて明るく、大げさでなく。

 

キャンキャンは収まった。

しかしまだ焦点定まらず、

立ち上がる事もままならない。

5・6分、しっかり抱きかかえて待つ。

 

まだ状況把握は出来きらずも、

私がいる事、特に危険な状況ではない事は

理解できたよう。

若い男性医師と抱えて

下におろしてみる。

 

泥酔状態のようなフラフラ歩き。

その場に座り込む。

医師より、

“しっかり目覚めるまでしばらく一緒にいて様子を見てね”

と。

その間にドクター達は

隣の診察室で次の診察へ。

 

イーラ観察継続。

 

さらに5分後くらいか、

歩けるようになってきた。

すると、処置室を歩き回ろうとする。

匂いで状況確認したいのだろう。

しかし回り切れないうちに

疲れてまた座り込む、の繰り返し。

 

私のそばに寄り添うかと思うと、

突然歩き回り…を

20分くらい繰り返しただろうか。

だんだん、目つきも戻ってきた。

 

11:30

もうそろそろよかろう、と

ドクターより処方箋と

食事再開などの指示をもらい、帰宅。

 

処方箋:

抗生物質6日分。

鎮痛剤4日分。

 

指示:

・本日の投薬は済。

処方の薬は明日から始めるように。

・飲水は本日21時から可。

・食事は明日朝以降。

・抜糸10日後。

・傷をなめたりする時は、

顔周りを覆うカバーをつける事。

(エリザベスカラーと言う)

サイズは25。

・明日午後再診。

 

帰宅後の様子:

やはり自宅に戻った事で安心したよう。

少しうとうと。

でも時々、疑問を投げかけるような

目をしつつ私をみつめ、

居場所を変えてみたり、

ベッドやソファの上に寝てみたり。

普段は厳禁だけど、今日は

ベッドもソファも許してあげる♪

Immagine5

↑急ごしらえの、床のベッドでうとうとするイーラ

 

15:00

クロワッサン二個の効果も切れ

空腹を感じたため、

飼い主遅めの昼食。

普段は、食べ物の気配を感じると

すぐキッチンに寄って来るが

今日はそんな気配なし。

 

16:00

それまで、ふせ状態で

ずっと思案顔だったが

初めて体を横たえて眠る。

一日の疲れが出たのと

体内の状態も落ち着いてきたか。

 

17:00

ちょっと傷口をなめる仕草。

No、と声かけするとすぐやめる。

なるべくカラーはつけたくないので

そばにいて様子見とする。

 

来客のピンポン♪に反応し

一緒に玄関まで来る。

だいぶ調子が戻ってきたみたい☆

もう少しでお水はあげられるからね…

と慰めて頑張ってもらう。

 

では、今日の観察報告はここまで。

 

次回をお楽しみに…

DSCN0172

★おまけ:スイスの湖にて。

カモの親子が気になってしょうがないイーラ。

でも水が怖くて膝までが限界。

それを知ってかカモは適度な距離を

常に保ちつつ、余裕。

カモのいいカモになるイーラでした。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です