もうすぐ始まるよ… 人数限定です。

もうすぐ始まるよ… 人数限定です。

Comincia fra poco…posti limitati!

In questa fine settimana, faccio un Workshop di

“Arte di Bonsai” a Milano.

Se ti interessa ci sono i posti ancora.

per dettaglio visita pure la mia pagina :)

今週末、ミラノにていよいよ

初★ワークショップです。

自身も初であるだけでなく、

JOFA光触媒盆栽アート

として、ヨーロッパ初の

ワークショップ。

これは歴史的第一歩となるでしょう…

さぁ、あなたも歴史の1ページに

名を残しませんか?

ご興味ある方は、以下のリンクから

詳細をご確認下さいませ。

*イタリアに住んでいないあなたは

興味のありそうなお知り合いに

教えてあげて下さいね~

*ho fatto un articolo italiano e quello giapponese.

scegli tu quello che preferisci 😀

日本語とイタリア語、

両方取り揃えております。

お好きな方でどうぞ♪

https://www.facebook.com/ZenBonsaiArt/?ref=hl


Grazie Giappone la mia patria.

Grazie Giappone la mia patria.

Ora torno la mia seconda patria Italia.

私の故郷 日本よありがとう。

今から 第二の故郷 イタリアへ戻ります。

Due paesi che sono molto diversi e simili, li adoro tutt’e due

とても遠くて違うようで、同時にとても似ているこの二つの国。

どちらも大好きです。


仙台で隠れ家レストラン♪

仙台で隠れ家レストラン♪

イタリアへの帰国間近、お世話になっている方に連れて行っていただいたイタリアンがいがった!

味 盛り付け 内装 オール”ヒロコシュラン”三ツ星

本当に隠れ家なので 場所は教えてあ・げ・な・い♪

ご馳走してくれる方限定で明かします(笑)


こんなことを始めました。

こんなことを始めました。

日本生まれの新技術を世界に広めるミッションを担います。

Ho cominciato una attivita` proprio nuova,

avendo una missione che fa diffusa una nuova tecnologia nel mondo, la quale appena nata in Giappone.

Faro` il primo Workshop in dicembre a Milano.

Mandami un messaggio se ti interessa :)

https://www.facebook.com/ZenBonsaiArt/

お師匠 Masako Matsuoさんのお陰で、

イタリアにいながらにして

この新しい技術の習得ができました。

この素晴らしいご縁を

Bonsaiアートとともに

広げていきたいと思います。

 

2年ぶりに帰国しています♪

2年ぶりに帰国しています♪

Ora sono in giappone nella mia patria

la prima volta dopo due anni.

実に2年ぶりに、

ただいま帰国しております。

Mi sono sorpresa di se stesso

che ha trovato tante “Culture Shock”

dopo vissuto piu’ di 5 anni in Italia.

久しぶりに帰って我ながら驚いたのは

「逆・カルチャーショック」ともいうべき

様々なことへの

新鮮な驚き。

Ma mi godo questa sensazione

perche’ mi aiuta vedere il mio paese

da un punto di vista diverso e

vuol dire che ormai sono riuscita

ad adttarmi nella vita in Italia.

でもこの感覚を、日々楽しんでいます。

だって 母国を多角的に見ることが

できている、ということだし

それだけ イタリアへの生活に

馴染んだんだな…と

実感できるから。

Vorrei condividere con te

cosa ho scoperto di nuovo

piano piano…

イタリア人の方へ

そしてご興味ありましたら

日本人のあなたへ

そんな私の

「大和再発見」記録を

少しずつ共有できたら

幸いでございます。

per oggi,

ti presento un piatto tipico autunnale

nella mia patria, la prefettura di Miyagi.

Miyagi e’ una zona famosa di pesca.

Soprattutto in questo periodo

Il Samma ~costardella~ e’

nella ottima stazione,

ingrassandosi prima dell’inverno.

Questa sera, era venduto

un Samma con 69 Yen..

ovvero soli 50 centesemi!

ma che prezzi incredibili…

e’ stato buonissimo~~~!

Il giappone, davvero

un paese di pesce.

ゆうべの食卓は

地元宮城の名物

さんまの塩焼きでした。

旬である今、

スーパーではなんと

一尾 たったの69円★

もってけ ドロボー!

な上に おいしいのなんの・・・

脂がのって、最高でございました。

イタリアの、特にアルプスに

住む私としては

まさに信じられない

お値段とクオリティ。

改めて、感動した…

万歳、おさかなの国 にほん

※帰国中、たくさんの方に

お会いしたいところですが

今回は 単なる休暇でもないので

大変忙しゅうございます。

会えない方、次回また

会いましょう♪

#Giappone, #costardella, #Miyagi


“古代野菜”で作るピッツォケリ

“古代野菜”で作るピッツォケリ

本日もバイリンガルでお届けします。日本語は下へスクロール♪

…conoscevi come erano i Pizzoccheri veri di una volta…?

Ieri, una domenica soleggiata

abbiamo fatto i pizzoccheri come fanno tanti in weekend.

この地方の郷土料理代表

そば粉パスタ ピッツォケリ。

昔から お祭りや

お祝い時のご馳走として

親しまれて来た名残から

今も 週末家族で楽しむ一品として

定着しています。

この日曜日 我が家も例にもれず

ピッツォケリを作りました。

Ma questa volta abbiamo fatto quelli un po’ diversi, con le verdure antiche che si coltivavano in Valtellina una volta.

でも今日の一皿は

いつもとはちょっと違います。

なぜなら…

この地方の“古代野菜”を使った

“元祖”ピッツォケリだから。

※古代野菜とは この地方で

かつて栽培されていたものの

現在はほとんど見られない

幻の野菜の事を

そう呼んでみました。

Guarda che colori vivaci queste coste!…un po’ rasta 😀

Anche le patate antiche hanno diversi colori.

Cos venuto un piatto di pizzoccheri colorati.

古代野菜のほら

何と色とりどりな事。

ラスタカラーは

コステ という葉物野菜。

ジャガイモもコロコロかわいいですね。

とてもカラフルなお皿が出来上がりました。

…e come era il sapore…?

ma buonissimi!

Le verdure antiche sono pi dolci e tenere e si uniscono bene col formaggio e la pasta.

そして肝心のお味は…?

★別・格★

でした!

古代野菜は 現在

出回っているものに比べ

甘くて柔らかくて

パスタやチーズと

すぐよく馴染みます。

Assaggiando i pizzoca cos colorati e saporiti, posso immaginare che gioia fosse mangiare i pizzoca nel giorno festivo per la gente povera di una volta…

こんなにカラフルで美味しい

本物のピッツォケリを食す事で

かつての貧しい農民にとり

これをお祝い時に食べる事が

どんなにご馳走であったか

わかった気がしました。

Ringrazio e do complimenti al mio amico contadino di biodiversit che prova a salvare le razze rare.

この幻の野菜達は

私の友人である農民、

パトリツィオさんが

絶滅危惧種再生の為

栽培しているものを

おすそ分けいただいたもの。

彼の情熱と先見性に

感謝です。

Mi ha detto che le verdure antiche sono andate scomparse per i motivi stupidi, per esempio perch le patate antiche sembrano “brutte” e si fanno fatica a sbucchiarle avendo tante gemme…

…ma che motivi!

Cercando la comodit e la “bellezza” create dal mercato, quanta bont e la vera bellezza abbiamo perso.

それにしても なぜ

こんなに美味しい野菜が

廃れて行ったのか…

パトリが教えてくれた

理由の中には

全くくだらないと感じるものも。

例えばジャガイモ。

芽が多いため「美しくなく」

またむくのに手間だから…

という事で

「キレイ」な

現在普及している種に

流れていったとの事。

消費マーケティングが創り上げた

美しさ 便利さ の為に

私達は どれだけの美味しさと

真の美しさを

失っている事でしょうか…

農業に関わらず また

イタリアに関わらず

現代の暮らし方について

考えさせられた

秋晴れの日曜

ランチタイムでした。


イタリアのソバの実が収穫間近です。

イタリアのソバの実が収穫間近です。

 

Grano saraceno autoctono, quasi pronto da raccogliere.

A Teglio, sul campo di un contadino di Biodiversita’.

 

北イタリアのソバの産地であるこの地方。

 

遅まきのソバの実が

そろそろ収穫間近です。

 

ここは標高約900mの

Teglio(テーリョ)という町。

昔から、そば栽培始め農業の町として

地域の食を支えてきました。

 

写っているのは、

ここTeglio原産のそば。

 

絶滅寸前だったのを

今、情熱と勇気ある農家さんにより

少しずつ

耕作量を増やしています。

 

郷土文化や自然を守る事は

我々の生活を守る事にも

つながる、

重要な活動ですね。

 

私達の足元も

見直したいものです。

 

大きい秋見ぃつけた♪

時の経つのは早いもので

ここ 北イタリアアルプスに住み着いて

早5年が経ちました。

毎年、四季折々の景色に目を奪われ

心癒される日々ですが…

 

今年の秋は 格別です。

 

もう5回も ここの秋を見ているけれど

こんなに色鮮やかで

それぞれの木々が美しく色づく秋は

初めて。

ここで生まれ育った同居人も

「Ma che meraviglia questo autunno!」

(なんつー、最高だね今年の秋は!)

「Ma che colore… incredibile」

(いやぁいい色だ…信じられん)

と申しておるので、ここ5年のみならず

数十年に一回くらいの

稀有な超・美し紅葉なようです。

 

あまりにキレイでお天気も良かったので今日は…

お山の上まで

紅葉狩りに行ってまいりました。

DSCN1970

↑ 車でお山に向かう道すがら。

日本の里山のように、いろいろな木が植わっているので

秋になるとこのように自然のモザイクが出来上がります。

********

DSCN1975

↑ 山に向かう中腹からの眺め。

写真中央奥、谷間に見える塊がTirano。

本当に、四方を山で囲まれていることが

高い所に来るとよくわかりますね。

********

DSCN1989

↑ ここで約 標高900m。

朽ちた山小屋とカラマツの黄金色が美しい。

********

DSCN1985

↑ ご主人を、遠くから見守る牧羊犬イーラ

 

DSCN1987

↑ …ん?見守ってる…?

獲物を狙う姿勢に見えなくもないが…(^^;

DSCN1992

 

DSCN2007

↑ 標高約1800mまで来ました。

車で小1時間でこんな景色♪

山はえぇなぁ。

********

DSCN2008

↑ ここから正面の山(標高2770m)まで

ハイキングコースも整備されています。

********

DSCN2012

↑ 16:30で、もうだいぶ西日。

冬至に向かって、陽が日に日に短くなるのを実感します。

********

DSCN2015

↑ “パパ~♪”

 

DSCN2017

↑ 今日一番のお気に入り

 

DSCN2027

↑ 自然よ、今日もありがとう。

 

イタリアらしい”飛び入り”で倍楽しい収穫祭♪

Una giornata autunnale,
il cielo cosi’ alto che sembra senza limite.
con buona compagna
un pranzo buooono e semplice sotto il sole.

秋晴れが今日もまぶしいこの日。
今日もまた、Vendemmia(ヴェンデーミア)~ブドウの収穫~をしています。

DSCN1826

なぜって…

今年の猛暑のお陰で出来が良すぎて
一日じゃ終わらなかったの。
うれしい悲鳴 (≧▽≦)

l’uva raccorta oggi diventera’ proprio un buon vino
assorbendo il sole e pieno di sorriso.

文字通り たわわに実りまくるブドウの房たち。

私と旦那さんと、
そしていつも遅れてくる友人Eとの3人では
なかなか大変だなぁ…と
思っていたら…

天からの恵み?
うれしい飛び入りさんが登場してくれました♪

DSCN1897

旅行中で、たまたま通りかかった
ローマ近郊在住の Fさん。

立ち話から始まった10分が
最終的には
一日一緒に収穫祭♪

という、楽しい一日になりました。

DSCN1909

↑ ブドウ畑でのピクニックランチ。

DSCN1901

↑ 生ハムにチーズ、パンという こちらの典型的「お外ランチ」超シンプルだけど、これがまたうまいんだなぁ~

DSCN1899

↑ こんなに近くに美味しいものがあっても、許可なしでは決して口にしない、お行儀良すぎのIla(イーラ)。

でも、耐えてるのが表情からわかりますね(^^;

ちゃんと後でご褒美あげました~♪

********

 

…しかし、いつもながら思うのは
いかにもイタリアらしい
こんな一面。

最初、旦那さんとFさんの
立ち話から始まったのです。

すでに作業を始めていた私は
遠くに 話し声を耳にしつつ。

あぁ、また知り合いに会ったんだなぁ、と
思っていたら
よく聞くと、なんと初対面との事。

初めてでも そんな素振りを見せず
一日一緒に過ごせちゃうような
そんな、自然なフレンドリーさが
イタリア人にはあります。

私の、とっても好きな
イタリア人の一面。

DSCN1905

↑ イーラとも、あっという間に仲良しに♪

 

こんないいお天気と、

たくさんの笑顔を吸い込んで

今年のブドウは間違いなく

最高においしいものになるでしょう…

こうご期待☆

DSCN1926

↑ もう豊作すぎて、右の桶には入りきらず

赤いバケツに入れたままのブドウ達。

やりがいのある収穫でした★