我が家の洗面所スッキリ、の意外な秘密★

我が家の洗面所スッキリ、の意外な秘密★

*:,.:.,.*:,.:.,.*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.。*:,.:.,.

昨年帰国時

素敵なご縁で

お友達になっていただいた

片付けのプロ★江間みはるさん

が、ビジネスマンの必読Web雑誌

日経ビジネスOnLine

に「片付けの秘儀」を

連載しておられます。

「仕事に活力!

『ストレス』知らずの空間づくり」

→ http://nkbp.jp/1Q23DNx

今回は第二回目。

最も汚れやすく

雑然となりやすい

場所のひとつ

洗面所がテーマでした。

とてもわかりやすく

かつ実践的で

ふむふむ…

と読みながら

納得することしきり。

タオルをきちっとかけるなど

一部はすでに

実践済みでしたが

まめに汚れを拭くとか

色がポイントとか

出来てない事もたくさん!

そして

早速実践しよっ と思い

自分の洗面所を

改めて見渡してみたところ…

ある事に気づきました。

それは、コラムにも書いてある

「洗面所が雑然となる」

最大の理由のひとつが

うちの洗面所には

見当たらない!

という事。

江間さんによると

ゴタゴタする原因は

・化粧品などが

たくさんあり、また

それらの容器は

原色使いで

色鮮やかなものが多いから、

目にうるさくなる。

というものでした。

それは確かに!

化粧品会社は

数ある類似品の中から

選んでもらおうと

カラフルにしたり

文字をでっかくしたり

必死ですものね。

それを解決する

簡単な方法が書いてあったので

「よぅし、私も~♪」

と思ったら…

そもそも、モノがなかった(笑)

もう8年近くも前に

【脱・化粧水】をして

すっぴん色白肌を

保っている私の洗面所には

化粧水

乳液

美容液

化粧下地

ファンデーション

…etc

そういったものが

一切ありません。

改めて確認したら、あるものは

・歯磨きに必要な物

(歯ブラシと歯磨きチューブ、歯間ブラシ)

・日焼け止め

・ヘアケア類(ブラシとムース)

・ワセリン

以上。

(特にわかりやすい証拠写真は、

下のリンクにある

Facebookページに

載せています♪)

掃除する前に

片づけるべきものもなかった☆

【脱・スキンケア用品】

によって

肌はキレイになるし

毎日が楽になるし

お金も節約になるし

最高やなぁ、と思っていましたが

まさか掃除の手間も省けるとは。

うれしい効果、追加♪

…という事で、

このひとつについては

私は実践する必要が

ありませんでしたが

化粧品やサンプルで

洗面所が占拠されている場合、

大家族でどうしても

乱雑になってしまう場合…

簡単で目からウロコの

『洗面所が

シンプルでスッキリする方法』は

江間さんから伺って下さい☆

日経ビジネスOnLine,

江間さんのコラムはこちら

→ http://nkbp.jp/1Q23DNx

さらに

片付けの簡単な手間すら惜しい。

化粧品を使わなくて済むなら

そうしたい、

しかも今よりキレイになるだって…?

と気になる方は

こちらをのぞいてみて下さいね。

吉原実践&伝授、

楽でキレイになる美肌の秘密

→ http://on.fb.me/1SZlYku

★Facebook版

アメブロ版

→ http://ameblo.jp/flavour-moon-bernina/

※詳しく知りたい方はアメブロ版がお勧め★


和と伊の愛称は抜群★ Incontro fra Italia e Giappone…vanno d’accordissimo!

和と伊の愛称は抜群★ Incontro fra Italia e Giappone…vanno d’accordissimo!

待ち遠しい春を思いながら、「春待ち桜」を作成してみました。自分の部屋の窓辺に置いていますが、イタリアの室内、そして窓辺から見える風景にもバッチシはまります。

La mia opera “Cigliegio atteso primavera”,,,l’ho fatta immaginando della primavera che sta arrivando. Il Bonsai, un simbolo della cultura giapponese, ma si sta benissimo nel locale italiano.

西洋でもイケる事、実証中ですよ、松尾 まさこ先生(*´▽`*)

作品や活動の詳細については、こちらでご覧いただけます。

Potresti sapere di piu’ delle mie opere e del dettaglio di quest’arte.

→ https://www.facebook.com/ZenBonsaiArt/