氷河が毎日10㎝融けている

氷河が毎日10㎝融けている

今日のスイス地元ニュースでやっていましたが、今年の猛暑でこの地域の氷河が、なんと10㎝/日/厚さ 融け続けているとの事。

万年の歴史が一瞬で正に水の泡となるこの現状。写真は、実際に先日撮影した地元の川。氷河が水源なので石灰質で白濁するのが氷河川の特徴。普段はせせらぎが聞こえる白濁したブルーの綺麗な小川なのだが、今年は濁流になっている。

この異常気象について「温暖化ではない」「ヒトの活動で排出する二酸化炭素はそれほど環境に影響しない」といった理論を時に目にするが、何を見てそう言っているのだろうか?と、こんな現状を見ると思う。何万年の蓄積をこんなに急速に壊せるのは、自然の力だけでは難しいのではなかろうか。