ダイバーシティなシティ、Tirano☆Citta’ di diversita’

ダイバーシティなシティ、Tirano☆Citta’ di diversita’

先日、我が町Tiranoにて

【Giro d’Italia

(ツール・ド・フランスのイタリア版)

ハンドバイク編】が

行われました。

tenuto Giro d’Italia da hand bike presso Tirano.

la citta’, la natura, la gente,,,tutte unite.

Tirano,,,la citta’ che realizza Slow Life, diversita’…lo amo!

ハンドバイクなので、

要するに足にハンディキャップの

ある方々が

手でこぐ自転車です。

ちょうど我が家の畑前が

ルートになり

炎天下の中 

頑張る方々を観戦。

感動しました。

まず、すっかり

ショービジネスになっている

一般のGiroに比べ

こちらは純粋な匂い。

日本の高校野球を

見ているような

爽やかさでした。

そして、

レース参加者と

観戦者の一体感。

うちの畑の前がちょうど

短いわりに急こう配な

坂になっています。

そこで力尽きる走者

続出だったので

観戦者や

道路規制のスタッフが

声をかけ合って

必要な方には

後ろから押してあげる。

それが、一律でなくて

必要そうな人に

「押そうか?」と

声をかけてからする、

という点が

優しさの押し付け感がなく良かった。

最後に、環境。

400年以上の歴史ある

街並みや、

ブドウの柔らかい新緑の中を

駆け抜ける、辣腕レーサー達。

街も自然も 

いろんな人も。

融け合って共存できる環境。

ダイバーシティの街。

スローライフ。

それが、Tiranoだなぁ、と

改めて思いました。

“みんなちがって みんないい。”

これからの時代の

キーワードですね。

※ちなみに写真で押してあげているのは

うちのパートナーFさん。

元自転車セミプロの目から見ても

「腕であれだけこぐなんて、

なんつー強さだ」と驚嘆しておりました。