Bellaggio

Tiranoから日帰りで行けるお勧め観光地~Bellagio・概要編

Tiranoは、単なるミラノとベルニナ線の

中継地点に留まらず

周辺に魅力的な観光地を持つ

便利な“ベースキャンプ”でもあります。

 

今日は、Tiranoから日帰りで行くことができる

お勧めスポットの一つ、

***古からの湖畔リゾート・Bellagio(ベッラージョ)***

をご紹介いたします。

 

Bellagioは、イタリアの『湖水地方』と呼ばれる

湖が点在する地域の東側、

コモ湖湖畔に位置する 小さな町。

 

昔から、イタリアを始め

ヨーロッパの貴族・お金持ちの

避暑地として 栄えてきました。

 

湖畔で、昔からのリゾート地…と言うと

近所のSt.Moritz(サンモリッツ)と

イメージがかぶるかも知れませんが

Bellagioの 静かで落ち着いた

そして半ば世間から隔絶されたような雰囲気は、

キラキラ華やぎながら

その存在感をアピールするサンモリッツとは

かなり対照的です。

 

そんなBellagioの独特の雰囲気は

その立地に、ひとつ理由があるようですね。

 

Bellagioが位置するのは

「人」の形をするコモ湖の

正に“股(また)”部分。キャッ(*ノωノ)

※図

陸路での公共交通機関は通っていない為、

ここに行くためには

1.自動車で、“股間”まで北上。

またまたキャッ(*ノωノ) ←しつこい

 

あるいは

2.近隣の町から出ている船に乗る。

しかないのです。

そんな 不便な立地のお陰で

気軽な団体旅行の目的地に

選ばれることもなく、

本当に来たい人だけが来るという

自然のフィルターがかかっているのです。

 

また、細い半島の先に

突き出たように位置する事も手伝い

半島というより

孤島という表現があっているような

とても静かで落ち着いた雰囲気を

醸し出しているのです。

 

イタリア語で

Bello(ベッロ)…綺麗な、素敵な

Agio(アージョ)…くつろぎ、ゆとり

この二つの単語の合体が

名前の由来…と言われる

Bellagio。

 

気取らず、かつ気品ある

湖畔のこの小さな町で

良質のくつろぎを

感じて欲しいですね。

 

Bellaggio
Bellagioの坂道。
丘にたつ街は
あちこちに坂がある。

 

Bellaggio坂
お店の並ぶ細道。
やはり坂。

 

水辺に続く細道。
水辺に続く細道。
まるで港町のよう。

 

かつてのホロ付きボート
かつて、貴族の舟遊びに使われたボート。
アーチ部分にホロを張り
日よけにしたようです。

 

つつじ
街にはお花がいっぱい。
春だったこの時は
ツツジが満開でした。

 

次回は、

Bellagioへの

詳しいアクセスなどを

お伝えします(^^♪