🍅出し惜しみしない自然の恵み🍅

 

朝晩は10度以下とすっかり涼しくなったここ🇮🇹アルプスですが、トマトがまだまだ元気で 収穫に大忙し。生で全部はもちろん食べきれないのでトマトソースにして冬に備えます。

…にしても 今年トマトを植えた面積はたった4㎡ほどなのに 採っても採ってもとっても追いつかないほどの実り具合。

こうして毎年 収穫の時期を迎えて感じるのは 自然とはなんと いつも純粋で全開なんだろう、という事。

"今年はダルいから実り少しにしとくわ"
とか
"昨日はあんまり水くれなかったから熟してあげない"
"来年はもうワイも歳やし 今年は控えめに茂っとくわ"
などと言った打算や忖度なく、常にエネルギー全開で ただひたすらに太陽を求め伸びて実り 次の世代を繋ぐ事に専念している。

そんな一途な緑の師匠達を見るにつけ 尊厳の念を抱くと共にこうなりたい…と胸がときめいた矢先、"今朝のあの言い草に対してこう言ってやろう"などと パートナーその他に対して計算づくの自分に気づくのであった。

こちらの写真は トマトとその隣にある赤紫蘇。気候が合うのか赤紫蘇は樹木並みに大きくなりました。私の身長158cmと比べてみてね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です