北イタリアアルプスの蕎麦の花が満開です

🍎イタリアなのに超長野な風景🍷

先日 いつもの散歩道で美しい発見をしました。
それは 満開の蕎麦の花。

イタリアで唯一 ソバ栽培の文化があるアルプスのこの地方なので ソバ畑がある事は前から知っていたし見た事もあった。
しかし たいてい高地での栽培なので 私の住む山ふもとで見られるとは思っていなかった。
ソバとはとてもデリケートな植物であるので 湿度や気温が高いと育たないからだ。

ごく稀に 低地で見た事があるけれど 背丈がまばらだったり 白いはずの花が茶色っぽくなっていたりしていた。
ところが今回 りんご畑の奥で見つけたこのソバ畑はどうだろう。

どの茎もスッと伸びて背丈が揃い ほんの少しピンクがかった白い可憐な花がほろほろと咲き 涼しげな絨毯を大地に作ってくれている。

ソバ粉とソバ料理を特産品として謳っている地域ながら 今では多くを輸入に頼り また気候変動で育ちにくくなっているとも聞く。
そんな中 こんな身近なところで立派なソバ畑を見られたのは とてもラッキー

どなたの畑か存じませんが こうして低地で栽培してくれた事で

🍇ブドウ畑
🍎りんご畑
ソバ畑(蕎麦の絵文字なかった)

という この地域の代表農産物がワンフレームに収まった。これも 一昔前までは普通だったかもしれないが 今日ではまずない事だ。

…にしても 山の斜度さえ違えど まるで長野な風景ですよね。

いつまでも残したい イタリア・アルプスと日本に共通する原風景

🍎生き生きとしたソバ畑と 落ちたリンゴで遊ぶやんちゃなブーボを見たい方は 動画がございます。私のYouTubeチャンネル 【Alps Slow Life】

→ https://youtu.be/ZtDKL2bWz_c

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です