やっぱし おてんとさまは見ているね

…前回の投稿のように 海外に住んでいると どうにもならない理不尽な事が多々あり そういうのに限って真実や嘘の出所もよくわからないから怒りを向ける矛先もなく 時々やるせなくなる。

しかしそれでも ちゃんと最後には正しい事に光が当たるんだなぁ、という事をこれまたこの地 イタリアで目の当たりにさせてもらいました。

 

イタリアで同郷の日本人、プロオペラ歌手でいらっしゃる大切なお友達の 長い長いお話。詳細はここでは省きますが ちらりと聞いただけでも 他人事でも胃が痛みだすようなお話。

こちらではガイジン、という不利な状況の中 何年もの長い戦いと忍耐の末 覚悟を持って臨まれた今回の事。

それが 誰もが予想していなかった そんなクリアな結末を迎えるとは。そして それをリアルタイムで間近で見せていただいて 私まで震えるような感動をもらいました。

 

事実は小説よりも奇なり、とはいうものの なんだろう まるで典型的ハリウッド映画みたいに 主人公が瀕死の場面まで来た時に 強力な味方が突然現れる、あるいは敵だと思ってた人物が実は味方だった…みたいな そんな大逆転劇。

 

正しくあるべき人が普通に嘘をついたり 明らかな真実もそれがない事にされたり 本当にいろんなぐちゃぐちゃがある中でも 最後には 正しいところに光が差し 風はあるべき方向に吹く…きっと世の中そうなっているんだなぁ、と。

今回の件は 大なり小なり多くの人が抱えている悩みや 特に出口の見えないコロナ禍の今にあって それこそ一縷の光だと思う。

ご興味ある方は そのお友達、”倉原佳子”さんをフォロー下さいね。日本ではまだあまり知られていないかも知れませんが イタリアで国歌独唱されたり 毎年聖マリア奉納歌を歌われたりと オペラ本場イタリアで特にご活躍される彼女の魂の歌声は 最高に癒されます。彼女のFacebook では その壮絶な体験も赤裸々に…

イタリアご滞在最終日 息子さんと共にランチ。 アルプスでは貴重な新鮮シーフードパスタが美味しすぎた イタリアだもん 最後に落ち着くのはやっぱりグルメ

…やはりみんなオリエンタルだからだろうか、家族と言われても違和感なし。。。

エビがぁぁぁっ、サクサクで美味しかった!

シーフードには白ワインってことで 満面の笑みすぎる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です