案ずるなかれ、自然が全て廻してくれる。

…畑のトウモロコシに びっしりアブラムシがついていたので

そろそろ薬で対応せなあかんかな〜、と思っていたら

ある朝 特にアブラムシがついてる株にテントウムシが颯爽と飛来。

真っ赤な甲冑に夏の陽光を反射させながら 黙々とアブラムシを退治してくれていた。

そして 気づいたらアブラムシはいなくなっていた。

別な朝には カボチャの雌花がやっと咲いた一株に 確実に受粉させようと

はりきって雄花をちぎりかけたら

すでに雄花にも雌花にも ミツバチの大渋滞。

花粉まみれになりながら 花に頭をまるまる突っ込んで一心不乱に蜜を吸う姿を見た時、

なぁんだ 案ずる事なかれ。自然がみな うまく回してくれる。と 改めて思いました。

↑頭を突っ込んで一心不乱。めしべの感覚に合わせて ミツバチも等間隔なのが笑

*********

 

ヒトばかりが ああでもない こうでもない、と

"ならねばならない"形に向かって気を張っているように見えた 夏真っ盛りの畑。

 

ピヨピヨも 2ヶ月が経過して すっかり大きくなりました。

容態まだ不安定なイーラだけど 今朝は調子よく 畑まで行けて 久々にピヨピヨとの対面。

…毛色がシンクロしすぎちゃうか?😆

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です