赤々と燃える夕陽に萌える2月の空

これぞ…ってくらい 赤々と燃える夕陽に萌えた🌇

Evviva la vita in campagna 💖 Tirano

日本で都市生活しか知らなかった頃は 田舎に住むなんて 何もなくてさぞ退屈であろう…と 正直小バカにしていました、はい。

 

田舎には お洒落なカフェもない。コンビニもない。掘り出し物が楽しい古着屋もない。が 毎日見ても全く飽きない空がある。日々 表情の違う森がある。毎朝手にする まだ温もり残る産みたてタマゴがある。リードなしで生き生きと走り回る犬がいる…

 

そして何より 田舎暮らしとは 生産的なのである。畑から 野菜や果物が取れ、野菜クズや生ごみはウサギとニワトリが片付けてくれて、タマゴという収穫と フンという有機肥料になってくれる。そしてそこからまた 新しい野菜が育つ。
巡りめぐる いのちの輪。私たちが口にするものは いろんな命の結晶なんですね。

動画では 燃える夕陽にぴったりな 哀愁漂うイーラの背中 ご覧下さい🐶

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です