自分の畑で実った穀物で焼く自家製パン

ついにここまで来ちゃった。

うちの畑で育った、無農薬・遺伝子操作なしの固定種モロコシ粉。

それを入れて自分で焼いたパン。

おまけに パンを焼くのに使った薪オーブンの薪は 自分達で森から切りだしたもの。

地球全体がおかしくなってる昨今。最強のサバイバルは可能な限りの自給自足💪🏻

******

ダメ元、実験のつもりでやってみたトウモロコシ粉パン。予想以上にふんわり、美味しくできてビックリしました🌽✨

3年ほど前から始めた北イタリアでポピュラーな主食のひとつ、トウモロコシ粉の栽培。生命力の強いトウモロコシのおかげで去年は粉にして90キロ近くの収穫た 食べきれない😅

ということでパンにしてみました

セモリナ粉(これは市販の)とミックスして薪オーブンで50分。

外はカリッ、中はふんわりの パンみたいなパウンドケーキみたいな 絶妙な食感♪

イタリア在住の方にはオススメです❣️トウモロコシ粉はグルテンフリーだしね😉ご希望でしたらうちの無農薬・GMOフリーの固定種マイス粉お譲りします。

→ その後、一瞬で完売しました。ただ今来年の予約のみ受付中。

 

日本ではたぶんトウモロコシ粉出回ってないので難しい。輸入したら当たると思うんだけどな

↑手前の赤茶色のつぶつぶが、この地方の固定種トウモロコシ。白、黄、赤と何種類か色とりどりあって 見るだけで面白いのです♪

↑昨年の、トウモロコシ粉製造過程。つまり、冬の間ずっと、このように日当たりのよい軒下に干して、実を完全に乾かします。…テラスが落ちてくるから注意…!と冗談で言い合うほどの豊作でした。ちなみに右上に写っている丸い物体は 干し柿。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です