アルプスの花~3.リンネソウ 又はメオトバナ Linnaea Borealis

3.リンネソウ 又はメオトバナ Linnaea Borealis

英名:Twinflower

必ず対で咲くお花が可愛い仲睦まじいメオトバナ💕

…こもれびが ちらちら射し込む森の中。岩苔が生えるような しっとりとした岩の上なんかに ひっそりと咲いています。
一見 スズランのようですが ずっと小ぶりで 気をつけて見ないとわからないくらい。
よく目をこらして見ると… どのお花も ふたつ対になっています♪ 大正時代のガス灯か 天秤のように 互いの形も距離も均等に よくまぁ 測ってもないのに こんなにうまくできるもんだと感心しきり。

和名は 仲良く対になっていることから メオトバナ。またはリンネソウ。
夫婦花に輪廻草… なんて深いネーミング、と思ったら… リンネソウのリンネはそっちではなく 生物分類法を確立した学者・リンネさんの名前から来ているそう。

夫婦仲良く 生まれ変わっても一緒…なんていう ロマンティックな由来ではございませんでした。
…ちなみに ドライな我が家は 一輪咲か もっと距離のある咲き方かな😅
あなたの心のメオトバナは どんな咲き方かしら?

必ず対なの♡

…なんだか、軽やかなリズムが聴こえてきそう♪

葉っぱはこんな感じ。植物の同定には、結構葉っぱは重要です。

意外なことにこのお花、植物の種類としては「小低木」…つまり、草ではなく木なのです!

草と木の区別は学問的に何なのか、私はわかりませんが

ひとつひとつの植物を観察し 分類していった学者さんはすごいなぁ、と

感心します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です