雪の日は 暖炉でパンを焼くのがアルプス流

~薪は 自分たちで山に分け入って切り倒してきたもの…どこまで突き詰めるのかアラフォーハイジ~

 

数日前からの豪雪注意報が見事的中し イタリア北部からアルプス全体 豪雪の如月幕開けです。

赤子連れ&臨月のイタリア人友人とのカフェ待ち合わせも当然キャンセル。そしてこんな日はさすがに畑仕事もできないので 自宅でパンを焼きました。オーガニック小麦粉と 地元の酪農家から直接買ったバターを使った全粒粉パン。

焼くのに 電気オーブンは使いません。ご覧のように 暖炉の上部備え付けの石窯を使い 自然の炎でこんがりと。

炎の力とは偉大です。部屋を暖める為に薪をくべると 石窯の中はあっという間に300度近くに。むしろ 扉をちと開いて温度を下げないといけないくらい。

全自動の今どきオーブンに比べたら面倒だけれど なんと無駄のないシステムでしょうか。

部屋でぬくぬくしながら パンが焼き上がり ランチ前には 水を入れた鍋を石窯の上に置いておけば 70度くらいまでのお湯になる。

そして 電気代がかからない上に… 炎の遠赤外線効果と石窯焼きで より美味しいパンができる♪

さすがの伝統か ヨーロッパの暖炉&薪ストーブのテクノロジーはすごいです。こんな石窯一体型はほとんど標準装備レベルで ものによっては 暖炉ひとつで 家中の暖房と温水給湯までまかなえるタイプもある!…つまり 電気から ほぼ完全フリーになれるわけであります

今 ユーロが危ないとか これからの先進国は東南アジアだとか時々耳にしますが 私はやっぱり これからもしばらくはヨーロッパが先進諸国でい続けると思う。特にメンタリティにおいて。今現在の利害関係やしがらみ、私利私欲を超えて 環境や食…持続可能な未来に向けて 実践できる力を持っているから。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1115885858593861&set=a.156284847887305&type=3

イースト発酵前の全粒粉パン種。
背後には、JOFA®光触媒盆栽アート、私のコケ玉作品♪
 

薪暖炉オーブン。こんなんなってます。
 

イタリア語のパン作り本と友に。
ワイルドな焼き上がり☆
 

いつもの散歩道、リンゴ畑も真っ白。
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です