イタリアでのタツノオトシゴの意味

~これ あなたには何に見えますか?

Dragoni o cavallucci di mare sembrano a te…? Due alberi di melo potati in tramonto invernale

龍 それともタツノオトシゴ…?

冬の夕暮れに飛び立つ 剪定の済んだ林檎の木たち。

三軒隣に住む 代々農家のPilota (ピロータ)氏(もちろんあだ名)の 剪定したての林檎の木。

すぐにピロータに写真を送って

「二匹の龍みたいじゃない?東洋では 龍は神の使いみたいに思われてて神聖なもので 強さの象徴でもあるんだよ」

※アラフォーハイジ理解。間違ってたら教えて下さい。

 

と言ったところ

「タツノオトシゴにも見えるね♪ 西洋でタツノオトシゴは 絆と調和の象徴なんだよ」とピロータ。

そこで調べてみたところ…

ギリシャ神話では タツノオトシゴは海の神・ポセイドンのシンボルであり 強さ そして権威の象徴だったそう。

また 昔のヨーロッパの人々は タツノオトシゴは 亡くなった漁師達の魂 最後の旅の為に それを運ぶ役目だと信じていたそうな。

さらに タツノオトシゴのあの 藻に巻きついてじっ…としてる姿から

・忍耐

・満ち足りる気持ち

・無駄に焦燥しない

…と言った 今の大方のイタリア人に本当に必要と思われる 瞑想的イメージもあるらしい。

タツつながりで 東洋と西洋と イメージが似てる点が面白いですね

最もイタリア語でタツノオトシゴは Cavalluccio marino~海の馬っこ~であるのだが。

ひょんなことから 未知への扉が開く。だから 海外暮らしはやめられん。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1113609605488153&set=a.156284847887305&type=3

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です