Xmas時期 絶対聴いちゃう曲と言えば…

人それぞれに お気に入りの そして想い出の曲があると思います。

あなたの「これ!」はどの曲ですか?

 

私は やっぱし・・・

山下達郎さんのクリスマス・イヴ。

そして それに合わせてバブルの頃毎年作られていた JR東海のクリスマスCM。

↑こちらの動画、シリーズ全部まとまってて秀悦☆

*****

 

毎年 Xmasソングは星の数ほどリリースされど この曲ほど色あせず飽きないものはない。そしてこのCMも まだ携帯などがなく 新幹線の旅や遠距離恋愛というものが特別だった頃の新鮮さを感じさせて 私はとっても好きなのである。

何シリーズかあるこちらのCMですが やはり1番は牧瀬里穂さんバージョンやなぁ…

まだ10代で 恋愛っつーものにまだ憧れしかなかったあの頃 牧瀬里穂さんの美しさと初々しさに 衝撃を受けたものだった。

そして時は経ち 東北新幹線やまびこで仙台駅に降り立つイタリア人F氏を迎えることになろうとは 当時の私は想像すらしていなかった。

そういや 遠恋始めたほんの約13年前でさえ まだスカイプの存在を知らず KDDI国際電話で小一時間7,000円ほどかけて電話していたものである。

世の中変わるものだ。

自分が若い頃 年寄りが「あの頃は良かった」的話をするのを “古い思い出に浸ってんじゃね~よ”と 内心 小馬鹿にしながら聞いていたものだが 今はその気持ちがよくわかる。

また当時 ニンゲンは 進化しかしない存在だと思っていたが そうでもないようだ ということも最近わかった。

技術は進化したけれど それと共に失ったものも多々あり 個人的には その失ったものの方が ヒトにとって大切・必要な”無駄”だったんではないか…そんな気がしてならない。

LINEで気軽に居場所確認。読んだかどうか把握まででき 地球の裏側でもリアルタイムに無料通話。

いや めちゃ便利なんですけどね…

あの頃の 声が聞けるだけで嬉しくて 受話器を握りしめちゃう気持ちとか このCMみたいに 久しぶりに会うまでの そしてどの電車で来るんだろう、というドキドキ感とか 実際会えた時のときめきとか… そんなものは全部 絶滅してしまったんだなぁ、と思うと ちょっと切ない。

ついでに このCMで普通に出てくる有人改札も。

 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1087319574783823&set=a.156284847887305&type=3

初代 深津絵里さん。
…時代もあるけど、えらい厚化粧やなぁ、、、と思っていたら
実はこの時風邪を引いていて、それを隠すためにメイクさんが厚塗りしたとか。
 

第四代CMのワンシーン。
画とかはかなり計算されて美しいんだけど、
どうも臨場感にかけるんだよなぁ、と思ったら…
ほとんどがスタジオ撮影だそうです。
 

友人改札… 懐かしすぎる。
人力ながら、ものすごい速さで切符をさばいてましたよね…
何か質問があると、パッと的確に答えてくれて。
小さな切符につけられた検札ペンチのあとも
なんか好きだったな…
もうそれがなくなった今、この背中を見ると
ますます哀愁あるように見えてしまいますね。
 

ダントツ☆二代目牧瀬里穂さんバージョン♪
これは、当初は「二人が再会し抱き合う」シーンで終わる予定が
直前で この待ち伏せシーンで終わることに決まったとか。
これから会える…!というワクワクときめき感最高潮で寸止めしたところが、
視聴者の感情も揺さぶり、今でも忘れられないCMと
なっているのでしょうね♡
 

現在はなんだか、ビジネス列車になった感があるJR東海新幹線ですが
今後も愛と夢を運んでいただきたい☆
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です