ワイン造り圧搾作業でかかる圧はどのくらい?

~アラフォーハイジとたどる 北イタリア・ワイン造りの路~

 

 

今日は、前回に引き続き

ブドウの圧搾作業、Torchiatura(トルキアトゥーラ)の後編です(^^)/

前回記事はこちら → 圧搾作業・Torchiatura前編

**********

今日は 丸ごと発酵したブドウから液体だけを取り出すのに 一体どれだけの圧が実際かかっているのか…?

そして 圧搾前と後の 正にブドウジュースィからワインらしくになった様子を 画像で感じていただけたら幸いです。

画像の目盛りは 実際に圧がかかっている時のもの。約140kg/㎠… ただし これはすでに液体が多少流れ出し 圧が下がり始めたところであり 最初の最高圧は200kg/㎠ くらいになります。

それってどんだけ…?と なかなか想像がつきにくいと思うので 作業の後の画像もどうぞ。木の囲いを取り外した後も 残ったブドウカス(皮と種)が崩れることなくそびえ立っております。

この熊手みたいな専用用具で 力を込めて取り崩さないといけないほどの固さになるのです。(もちろん男性の作業。私は見るだけ♪)

そして 作業前と後の液体にもご注目☆

圧搾前には 種や繊維質がみられ 色もほんのりピンクがかったブドウジュースでしたが 圧搾しただけで まぁ不思議☆ 色も大人になってすっかりワインらしく♪

アルコール感もあり もうワインかも…!と思いきや 同時にブドウの新鮮な香りと甘みが口に広がり… 正に ブドウジュースとワインの中間、といったところ。これはこれで食前酒に良さそうな 絶妙な味わいでございます。

こういうのはやはり 現地で味わわないといけませんね♪ 400年のワイン貯蔵庫の重み・雰囲気と共に… これぞ 真のヌーボーでござい。

おまけは いつもの裏山に踊る雲。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1084730575042723&set=a.156284847887305&type=3

圧搾機・Torchiatura(トルキアトゥーラ)前でVサイン♪
いい初物ワインができてご機嫌なF氏。
 

圧搾後のブドウカスは、こんなにカッチカチ☆
熊手をぶっさしてもビクともしません。
 

圧搾前と後の液体変化。
前は、まだ全体的に淡い色、かつブドウの種も浮いているし
繊維質も沈殿しています。
ギュギュっと圧をかけて絞ることで…
皮のポリフェノール色もしっかり出て すっかりワインらしい深みのある色に♪
 

 

圧搾機・Torchiaturaの圧インジケーター。
この時点で、約140㎏/㎠。。。
想像できない圧です!
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です