腐らせない貴腐ワイン「スフォルツァート」の味わいとは

*******

こんな 屈託ないイタリア人の笑顔と飲むと ワインはますます美味しい♪

*******

昨日 私のイタリア地元産 特製ワイン・Sforzato (スフォルツァート)のお話をアップしたところ たくさんの反響をいただきました。ありがとうございます。

 

その中でも多かったのが… 「貴腐ワインみたいな味なのかな?」というご感想。

 

…お恥ずかしながら勉強不足で 私は貴腐ワインという存在を 今回初めて知りました。当然飲んだこともないので確証はないのですが… Wikiさん等々で情報収集したところ・・・

 

☆ブランデーのような 深い香り

☆濃厚な風味と複雑な味わい

 

…はい!Sforzato(スフォルツァート)も 正にそのような感じでございます。

 

腐敗させるわけではないので その製法は違いますが 味に関して言えば 限りなく貴腐ワインに対する表現と近いものがありますので そんな感じをイメージいただければいいかと思います。

 

…ただひとつ はっきり違う点は

 

☆甘さ

 

かと。

貴腐ワインはかなり糖度が高く デザートワインとして飲まれることが多いようですが 「干しぶどうワイン」スフォルツァートは 全然甘口ワインではありません。

 

むしろ本当にブランデーかウィスキーのように チューリップグラスでくゆらせながら それだけでいただいて十分美味しい 存在感たっぷりの フルボディ・ワインと言えるでしょう。

 

おそらくその違いは 製法が違うことに加え 品種の違いもあるのでしょうね。一般的に白ワイン用のブドウはもともと甘いのが主なようですが こちらで使用されるのは 北イタリアでしか栽培されないNebbiolo (ネッビオーロ)。生で食べると酸っぱいブドウです。

 

また 赤ワインなので 色も独特。

 

干しぶどうにしてから さらに樽で長期熟成してようやくできるワインなので 赤は赤でも ややブラウンがかった 深みのある色をしています。

 

味のみならず 色までブランデー♪ なのが スフォルツァートなのです。

 

…ほ~らほら だいぶ飲みたくなって来たでしょう☆

 

※画像・動画は引き続き Tirano~ティラーノ~のスフォルツァートワイン祭りより。

今日の動画は私の説明なし。じっくりと 初秋の夜長に 400年のお屋敷に響き渡るハープの音色をお楽しみください。

 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1028332244015890&set=a.156284847887305&type=3

 街には出店も出て楽しい。

 ワイン試飲会場のスタッフたち。…イタリア人ほど、いい笑顔の人たちもいないよな~。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です