地元目線でいうと、アルプスは秋がベスト☆

…なんだけど、なかなか信じてもらえない(笑)

 

天高く 馬肥ゆる秋

 

…などと、ワンフレーズで見事に表したもんだな昔の人は、と

つくづく思いますが

この秋の特徴は 日本に限ったことではございません。

 

本場スイス&イタリアアルプスの秋も…

 

天高く→気候が安定し、低い雨雲や積乱雲が発生しずらく

晴天が多い♪

 

馬肥ゆる→季節のグルメの時期♪

いわゆるジビエ・メニューが街のレストランを賑わわせ

森や山でも野生のブルーベリー、キノコなど、

自然の恵みがあふれる季節。

 

…だから人も肥ゆるのですが(笑)

 

さらなるアドバンテージはこちら!

 

☆ 観光客がぐっと減り、街も山も静かに楽しめる♪

…日本でもヨーロッパでもバカンスが終わり

人がだいぶ減る。と共に バカンス特有の

浮足だった雰囲気も静まる。

秋らしい気候や風景ともマッチして

何とも言えない落ち着き感♪

 

☆ アルプスの紅葉・黄葉も最高にキレイ!

…日本人の中では、「紅葉は日本がベスト」

「モミジの真っ赤がないと…」

というイメージ ありませんか?

 

私にもあったのですが…

 

そしてもちろん、日本の秋は

神社仏閣の風景と相まって

独特の雰囲気をかもし出し最高ですが…

 

アルプスの秋も、別な意味で最高!

 

ブルーベリーの芝が山の大地を真っ赤に染め

森では カラマツの黄金色がキラキラと輝き

その木々の間からは 忙しそうに

冬支度に余念のないリスの

フサフサのしっぽが見え隠れ。

 

夏場より ずっと早く訪れる夕方には

茜色に染まった遠い山から

発情期を迎えたオスの山ヤギの

切ない声がこだまする。

 

秋の色は 枯れ落ちて行く葉が

その命を終える前に

最も激しくその生を表現しているようで。

 

秋の 静かながらせわしい森の気配は

厳しい冬に備える動物たちが

生きることに最も集中しているようで。

 

…現役世代の方は

なかなか9月末~10月に

長いお休みは難しいと思うけれど

時間に余裕のある方は

秋がぜひお勧めですね。

 

アルプスの秋はこれからが本番。

 

こちらでもたくさん

秋の風景をお送りしてまいります。

 

今日は その第一弾として

ここ最近の 紅葉はじめ&秋晴れ特集。

 

自由犬、イーラと共に♪

 

ビデオでは今日もまた一人語りしてますので

良かったら音声ONでどうぞ。

声が癒される…とのお声をいただき

調子に乗っております( *´艸`)

↑氷河の舌がそのまま湖に続いているみたい…

こんな雄大な景色の中を自由に闊歩する愛犬イーラをみるのが、何よりの幸せ♡

↑秋の空は、とても澄んで 景色もくっきり見えます。

↑王道コース、ムオタス・ムライユからセガンティーニ小屋への途中。秋色に染まり始めたアルプスの山と、早く行きたいオーラ満々のイーラ。

↑ワイルド・コケモモと 赤く染まったワイルド・ブルーベリーの葉。

 

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1025433467639101&set=a.146854048830385&type=3

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です