おっちょこちょいオコジョ

スイスアルプス、エンガディン。夏のハイキングガイド5年目にして 初めて野生のオコジョに出会いました♪

お客様をいつものようにご案内中…

動物保護区に指定されているこのコースでは 毎回間違いなく野生動物に出会うことができる。この日もそれまでに たくさんのマーモットに出会えたので すでにかなり満足&動体視力が鍛えられていた。

この地域を歩き慣れた者のみぞ知る ショートカットの裏道(獣道とも言う)も 終わりに差しかかろうという時… 目の前の岩場から チラッと動く影。一瞬 今日15頭目のマーモットかと思うが 色 大きさ 形が全然違う。

マーモットに比べ かなり小さくすばしこい動きなので 野ねずみかと思い目を凝らすと…

丸く可愛らしい顔立ち。

イタチのような茶色い毛色と細長い胴体。

ようやく オコジョだとわかった。

想像していたよりずっと小さい 体調20センチあるかどうか。

スリムな胴体は ラップの芯にそのまま入れそうなほど。

こちらを警戒しつつも興味津々な様子で 岩の間から ちょこまかと顔を出すしぐさが何とも言えない愛らしさである。

顔を出していたその場所は 自然に岩が何個か組み合わさった「お城」になっていて どうもそこが彼のマイホームらしい。

半年は メートル級の雪に埋もれるアルプスの山にも こんなに多くの動物たちが生きていることに 感動と感謝を覚える。

そしてまた こんな小さく健気な動物たちが 今後も変わらず生きていけるように 私達は この環境を保つ責任があるのだな と再認識。

これからまた 長く寒い季節が来るけれど 元気でまた来年会おうね♪

※…スイス全体はよく知らないけれど、サンモリッツがあるエンガディン地方なら 日本一知っている私がご案内します。マーモットとオコジョに会いたい方は 私が専属ガイドを務めます「アルプスウェイ」でスイスにいらして下さいね♪ 他のエリアにも駐在員がいるので安心です(^-^)
→http://www.fellow-travel.co.jp/alpsway/

↑動画で ちょこまかした可愛い動きをご覧ください♡

手ブレ激しいけど許してね。

 

このつぶらな瞳と 丸いお顔に萌える~♡

日本のお山にもいるようです。

…しかし こんなかわいい顔して 実は

・気性が荒く肉食で 自分より大きいライチョウなども捕獲する

らしいです!(Wikiによる)

この愛らしい顔で油断させておいて…ハニートラップか!?

おまけ:同じ時に出会ったマーモさん。

なで肩・やや猫背が哀愁を誘います(笑)

 

…野生動物とは 可愛くても どこか凛々しさがあり

神々しくもある。

自然と共に 「生きる」ことに集中する 厳しさと無垢さなのだろう。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です