短い夏に育まれる命

標高1800m、スイスアルプスでの夏は短い。

世界中からケタ違いのセレブが集まるサンモリッツだけれど

少しでも人工物から離れると 豊かな自然の息づかいが盛りだくさん。

今ちょうど 地元の人や観光客を楽しませているのは

サンモリッツ湖湖畔の オオバンの親子♪三つ子ちゃん

生後2週間も行ってないかもしれない。

まだ頭がポヤポヤ産毛の名残を持ちながらも

ピーピー言いながら、両親の泳ぎに必死について行く姿が何とも愛おしい。

 

日本は、いよいよ断末魔的な暑さに襲われ

死者まで出て大変なことになっており

心から暑中お見舞い申し上げます。

でもそんな異常は 日本だけではない。

ここサンモリッツも そりゃ日本よりは涼しいけれど

例年に比べたらずっと暑く 今までの万年雪もなくなりつつある。

本当に自然が壊れた時…

一番に影響を受けるのは こういった小さな命たち。

自分達だけの快適さじゃなく

みんなを守れる方に 舵を切りたいですね。

※オオバン…私も今回調べてみて初めて知りました。

水鳥と言えばカモかも思っていたら カモとは別種。

ツルの仲間だそうです。潜水も得意よ☆

※動画では、一応なんか語ってますので音声ONで観ていただけると多少臨場感が増すかも知れません。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です