アラフォーハイジの朝は ニワトリとの格闘から

アラフォーハイジの朝は ニワトリとの格闘から

…最近 ようやく決着がついた模様です。

毎日の畑仕事。朝一番にやることは ニワトリ達を小屋から出し 彼らが文字通り羽を伸ばしている間に トリ飯をこしらえること。

実はこのトリ達 去年はいなかった。私がしばし日本にいて 彼ひとりの間 畑は最低限にとどめているだろうな… ブドウの世話が精一杯よね… と思いながら帰って来たら ニワトリは復活してるわ 耕作面積は増えてるわ。規模拡大しまくりで驚いた。

そしてニワトリは… それまでは雌鶏だけだったのが 今年は立派な雄鶏まで登場。派手なトサカに ピンと張った胸と尾羽がいかにも凛々しく 三羽の雌鶏を従えて畑を闊歩する姿は 威風堂々。久々に 男ならぬ オスを見た、という気分にさせてくれる。

…のではあるが。

雌鶏に比べ 気性が激しいのも 雄鶏の特徴である。

体重30キロもある 愛犬イーラのみならず 私にまで 全身の羽毛を逆立てて威嚇して来るのである。

メス共を守ろうというオスの本能と共に 動物のヒエラルキーがあるのだろう。おそらく奴にとっては 私は「新人」なのだ。

最初はしおらしくかわしていた私だったが このままではトリ以下の人間様になる危険を感じ 応戦を始めた。

だいたい 私が飯をやっているというのに、なぜ自分の畑で トリの進路を邪魔せぬようにこちらがよけねばならぬのだ?それに 雄鶏にいちいち怯えていたら 畑仕事が全く進まないのである。

戦いは しばし平行線をたどったが ある時私が本気で 濁点がつくような「こらぁ~!」と共に 奴に向かって行った時 ようやく理解したようだ。「新入りだけど 力は上なようだ」と。

今では お互い適度な距離感を保ちながら 穏やかに畑の陽を楽しんでいる。

こうして 私はまたひとつ 強くなった。



https://www.facebook.com/photo.php?fbid=950555171793598&set=a.156284847887305.1073741826.100005173711139&type=3

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です