話題の「俺の」コスパ向上の秘密

話題の「俺の」コスパ向上の秘密

*********

昨日、いつも優しい義姉が

噂のレストラン

「俺のフレンチ」に

連れて行って下さいました。

昨年秋に帰国してから

4か月以上たちますが

まだまだ新鮮な事が多くて

半分ガイジン気分が

楽しい☆

「俺の」シリーズは

だいぶブームが

落ち着いてきた…

と聞いていたとはいえ

満員御礼・

ワイワイガヤガヤでした。

座れてラッキー。

良質な食材を

驚くような

低価格で提供!

で 話題を集めた

「俺の」シリーズ。

実際に行ってみて

なるほど~、な

コスパを上げる

工夫が随所に。

◆席はカウンター方式

…普通のテーブル席も

ありますが

半分くらいは

細長いテーブルに

並んで座る

カウンター方式。

それにより、

同じスペースでも

収容人数を

倍くらい増やせるイメージ。

テーブル面積も

結構狭い。

その対策として

メニューやカトラリーBoxを

テーブルに収納できる

工夫がしてある。

◆メニューは限定

…メニュー数は少なく、

また「本日の」が多い。

仕入れを限定&

その日の売れ筋食材を

有効に使う事で

仕入れ原価を抑えている。

◆冷菜が多い

…作り置きがきき

すぐ出せる冷菜が充実。

◆なみなみスパークリング☆

…日本酒ですか!と

思うくらい

グラスギリギリまで

注ぐ「なみなみ」シリーズ。

正統派・伝統レストランでは

下品な事この上ないが

そんな既成概念を

ぶっ壊し

お得感とワクワク感を

出したのはさすが☆

・・・・・

テーブルの質と人の距離感、

賑やかさでいうと

ロンドンのパブ

って感じなのですが

出てくるお料理は

確かにフレンチでした。

ピアノ生演奏も

あったりして

いろいろな要素が

入り混じった

面白い空間。

ヨーロッパでは

なかなか

思いつかない

アイディアだなぁ、と

思いました。

外からのものを

抵抗なく取り入れ、

既成概念にとらわれず

新しく組み合わせる

才能は

日本人ならではだと

思います。

そんな才能を

日本人は

もっと自覚して

活かしていけば

世界に通用するものを

たくさん生み出せるはず。

現状、

資源のない

借金大国に

なり下がったように

みえる日本。

見えない資源・財産は

実は

それぞれが

持っている☆


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です