【日本人は早め、イタリア人はギリ】を学びました。

【日本人は早め、イタリア人はギリ】を学びました。

今回開催させていただいたセミナーでは

自分自身たくさんの学びをいただきました。

その中で気づいた、日本とイタリアの違い。

…日本人の感覚からすると

笑っちゃう感じですが、

これは、イベントの告知に関して

私が学んだ格言です。

今回のセミナー告知は

3週間前くらいに始めたのですが

何人かの方から

「行きたいけれど、

すでに予定が入っていて行けない」

というお声をいただきました。

一方イタリアでは

告知は、ギリギリが基本です。

むしろ、直前であるほどいい

くらい。

これは正に、国民性。

日本人の気質としては

「早め早めに予定を立てて、

その通りに実行するが良し」

に対して、イタリア人は

「人生どうなるかわからない。

その時のチャンスや気分を

最も大切にする」

がモットーなわけです。

だから、ギリギリに告知をして

直前の気持ちを盛り上げる方が

よっぽど効果があるという事。

どちらが悪いでもなく

どちらも素敵だと思います。

…と言いつつ、

私はやはり日本人なので

イタリア人と日本祭りを

オーガナイズした時は

ものすごーくストレスでしたが(^^;

お国の違う方と接する時、

こんな前提自体が違う事が

多々あります。

これから日本も

コンビニで、医療現場で

外国人が欠かせない社会に

なっていくでしょう。

そんな時

”けしからん”と思うのか

“面白い”と思うのかで

気持ちの受け入れ度が

かなり違ってきそうですね。

※画像は、セミナー第一日目の

参加者の皆さんと♪


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です