ミラノ発★ラーメン屋実食レポート

ミラノ発★ラーメン屋実食レポート

+-+-+-+-+-+-+-+

つ、ついに…

ミラノにも、日本のラーメン屋さんが出来た!

そんな情報を元に、早速実食リサーチに行ってまいりました。

店名:龍旗信(りゅうきしん) Ryukishin

大阪・堺が本店のよう。

http://www.ryukishin.it/

店内には、壁からペーパーランチョンマットから

「堺」の文字が溢れています。

ミラノ発、ラーメン屋のコンセプトは

Zen Express

このネーミング、いいね。

最寄は、Metro緑ラインのSt.Agostino。

お洒落な家具屋などあったり、エリアの雰囲気は悪くない。

リサーチというミッションの元、昼間っから

ビール、餃子、ラーメン、デザートまで

フルコース頼んでみました。

私の個人的結論…

たまたまあのエリアに行って、ラーメンが食べたい時なら行くけれど、

わざわざ行かなくても、ふ○ろうでいいかな。

て感じでした。

※ふ○ろうとは:昨年あたりミラノにオープンした

日本人による日本食レストラン。

寿司からラーメンまで、いろいろあり。

内装・スタッフ:

店内は、完全に日本のモダンお洒落なバー・レストラン、って感じです。

オープンしてまだ三週間くらい、って言ってました。

何気に感動したのが、

テーブル席には、椅子の下に荷物を入れるBoxが、

カウンターには、各席ごとに荷物を引っかけるフックが

装備してある事!

日本では「当たり前」ですが、よく考えたら

イタリアでそんな細かな気遣いをしている飲食店は

まずないと思う!

(そもそも、治安上みんな肌身離さず抱えているが)

日本の気遣い文化と、治安の良さを

改めて実感した一面でした。

スタッフは、驚いた事に、日本人皆無。

オープンキッチン内のシェフ二人も、イタリア人でした。

東南アジア系の、とっても愛想のいい男性ウェイターに

話を聞いたところ、このお店は、昨年のミラノエキスポで

出店していたと。シェフはその頃から働いており、

しっかり「ラーメンのアルデンテ具合」などを習得しているので

ばっちりですよ… との事でした。

ウェイター&ウェイトレスは、彼とイタリア人の女子二人でしたね。

まぁ、日本から派遣するより、現地在住者を教育して雇った方が

明らかにコスト削減になり、いい案だと思います。

ちなみに、責任者と思しき、

レジを担当している若い男子は、チャイナな感じでした。

彼に対して、イタリア人シェフが待遇に文句を言っておった。

客がいるとか、関係なし(笑)

そんなイタリア的一面も好き。

メニューとコスパ:

まずうれしかったのは、

キリンの生ビールがある★

ビールは、全て日本のビール。

キリン以外は、ボトルなようですね。

あとは、ラーメンが4種類。

餃子。枝豆や唐揚げなどおつまみ。

ごはん単品。デザート。

…残念なのは、ランチなのにセットメニューがない!

今回のフルコースランチだと、合計で25,5ユーロの

お会計でした。

1ユーロ130円として計算すると…

3315円!

どんだけ豪華ランチだよ。

ホテルの贅沢ランチレベルになってしまいました。

外国なので、もちろん単純比較してはいけませんが

イタリアの相場を考慮しても、高い。

ラーメン12ユーロ、餃子5つで5ユーロ。

これだけで17ユーロです。

セットにして、せめて15に抑えて欲しかった。

ランチなんて、夜につなげる投資なのですから。

メインのランチセットでの儲けは考えず、

これで引きつけておいて、オプションの

ドリンクやデザートで儲ければいいのにね。

ランチはセットメニュー限定にすれば、

効率もよくウェイターも二人で回せるんではなかろうか。

また、イタリア人にラーメンはまだまだ身近ではないから

もうちょっとカジュアルにして

店頭での実演とかやればいいのに…と思った。

ラーメンでも餃子でも、やってるとこ見せれば

かなり興味惹くだろうしどんなものかわかる。

イタリア人は、好奇心旺盛であると共に

何だかんだ言って保守的だからね~。

龍旗信さん、開店前に相談してくれれば

良かったのに~。

次、メニューごとレポート。

餃子5つ:冷凍だな、って感じ。これで5ユーロか。一個1ユーロか。

外国だからしょうがないけど。。。

ラーメン:塩が一番の売りだそうなので、塩ラーメンに。

とってもあっさりしていて、全くお腹いっぱいにならない。

しかも「チャーシュー」と書いてあった代物は、

鶏肉の薄切り肉でした。

えぇぇぇ、脂が欲しかった… カロリーが欲しかった…

と、すっかり胃袋がイタリア仕様になった私としては、

餃子とビールの後でも、物足りなさが残る結果に。

これで12ユーロか… と、また考えさせられる。

塩ラーメンだから、鶏肉だったのかもね。

ちなみに各ラーメンごとに「デラックス」バージョンがあり、

それには「豚肉のチャーシュー」が選択できます。プラス2ユーロ。

デザート:雪見だいふくの小さいようなのが三つで、4.5ユーロ。

市販のを冷凍輸入だね。ガイジンに物珍しさはあると思う。

総評:

・日本人だらけで、いかにも日本を演出した感じではなく、

現地の人をうまく使い、イタリアになじむ感じにしているのは良い。

・味は、外国のわりに頑張っている。

・でもやはり日本人としては、オリジナルの味にちょっと欠けるし

割高に感じてしまう。

でもこれは、あくまでも個人的感想です。

好みは人それぞれ。胃袋の容量も人それぞれ(笑)

美味しい事はおいしいので、

ご興味ありましたら、是非行ってみて下さいね。

お店の雰囲気もいいので、日本好きのイタリア人を

連れて行ってあげるのもいいと思います☆

※今スマホが壊れていてないので

画像はありません。サイトでどうぞ

→ http://www.ryukishin.it/


Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です