イタリア生活事情~犬のオペ・術後2-3日目~

シリーズでお伝えしております、

イタリアでの、雌犬避妊オペ事情。

 

***** 術後2日目後半~3日目*****

眠れぬ初夜(キャッ(≧▽≦)…そうではない)

を過ごし、その日の午後は指示通り再診の為

再び獣医さんへ。

「はいっ、傷はどうかな~?」

イーラの前脚を私が持ち上げ、

立たせた状態でドクター覗き込む。

一言

「Bellissima!(超キレイだわ♪)」

と、お褒めの言葉か自画自賛かをいただく。

「この調子でね。あ、歩かせるのはまだちょっとよ、ちょっと」

相変わらずテキパキ・ハキハキと

診察2分で終了。

“超キレイ”な傷はこちらです♪

Immagine6

 

今朝からご飯が食べられるので、

久しぶりに夜 お腹いっぱいになる。

文字通り舌鼓を打ちながら、満足気。

食欲があるのはいいこった。

 

そして夜。

今夜も寝ずの番はごめんだわ…

でも、エリザベス・カラーはつけたくないし…

と考え思いつき、結果大成功だった事。

それは…

“腹帯作戦”

 

何てことはない、引き出しに眠っていた

自分が愛用し過ぎてのびのびになった

腹巻を、イーラの腰回りにはかせたのである。

 

人間だって腹部オペ後は腹帯をまく。

ならばなぜ犬にそうしないのだ?

と思ってやってみた。

 

のびきっていたお陰でしめつけはないし、

気にして触る様子もない。

しかも何てったって、チタン配合繊維でお馴染の

『ファイテン』ブランド高級腹巻ですからねっ。

温め効果も倍増で傷の治りも早いに違いない(≧▽≦)

 

※ちなみにファイテンを知らない方は、

こちらから絶対チェック!

→ ファイテンHP

羽生結弦選手も愛用のファイテン☆

身につけると本当に暖かくなるから

冷え性には手放せない逸品です。

**********

 

そんなわけで、腹帯と

夕飯をしっかり食べたお陰もあってか

イーラぐっすり☆

飼い主も爆睡☆彡

の、ピースフルな夜でした。

 

3日目は、受診もなく穏やかな一日。

天気も良かったので午後は畑で過ごす。

歩かなくても外にいた方が日光にも当たれるし

ヒマしないであろうと。

飼い主がキウイの木剪定の傍ら、

イーラは陽だまりでウトウトしたり、

いつもの「見張り位置」で

周りを見回したり。

でもやっぱり、いつもより活動は少なかった。

体が回復のために内部で頑張っているんだろうな。

順調だから、あと少し頑張ってね。

Immagine8

↑草の匂いをかぎながら、傷もあらわにリラックス中。

 

薬もちゃんと飲んでいるし、いい子です。

さぁ、明日は

・薬のお値段

・イタリア動物病院の料金体系

についてお話しようかなっ。

DSCN0185

↑イーラを探せっ★

スイス・エンガディン地方。

ムオタス・ムライユ付近を散歩中に撮った一枚。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です